2017.5.28 17:36

嬉しい出来事

2017-01-20%2010.18.42_015.JPG

ワタシの冬のツアーでは、歩き出す前に
「ウェアのポケットのチャック、閉まってますかー?もしも開いていてポケットの中身を雪の中に落としたら、回収不可能となりますよぉー。はぁーい皆さん、チェックしてー」
という儀式があります。


ニセコのように、軽い雪が数mも積もっている中で鍵やらカメラやらを落とせば、あっという間にズブズブ~っと埋まってしまいます。
しかもワタシのツアーで歩いている場所は、夏の遊歩道などはない場所なので、雪がなくなれば一面の笹薮の森。ヤブの中に埋もれてしまいます。
雪の森での落とし物は、雪がなくなっても回収不可能なのです。


さて、今年の1月のツアーの際、ツアーが終わって車に乗ろうとしたら、
「あっ、カメラがない!」
と、お客様談。
カメラホルダーにしっかりと付けていたのに、何かの拍子で外れて、どこかに落としてしまったようです。


すぐに森の中に戻って探してみましたが、不用意に歩き回るとかえって見つけられなくなると思い、5分程度探した後に半ば諦め、とりあえず宿にお送りしました。
お別れする際、お客様はすっかりブルー……。そりゃそうですよね……。


さてさてワタシは、お客様を送迎後すぐに現地に戻り、探し回る前に作戦を考える。。。


まずは自分のカメラを雪に落としてみて、今日の雪質ではどのくらい沈み込むのか実験。


すると、2メートル近い積雪の上に前日の軽い粉雪が数十センチも積もっているので、50センチ以上は雪の中に沈み込んでいきます……。あやうく、自分のカメラも発見不可能になるところでした。


となると、今日明日でがむしゃらに探しても見つかる可能性はとても低いわけで。なにせ、数kmは歩いてますから。


まずは、新たに雪が降ってしまう前に、ツアーで歩いたルートを正確に記録する必要があります。
そこで、まだ残っているツアーの踏み跡を正確にたどり、GPSで軌跡データを残す―これでいつになろうが、2~3mの誤差で今日歩いたルートをたどることが出来ます。


そのあとで、落としていそうな場所を重点的に、雪を掘りながら捜索。
しかしさすがに見つからず。


季節は厳冬期の真っ只中。
数日で雪はどんどん積もってしまい、もう捜索不可能となりました……。


そして3月も半ばを過ぎて少しずつ雪が溶けてくると、GPSの軌跡データが役立つ季節になりました。


雪が数十センチ減ればGPSで正確にたどりながら歩き、また数十センチ減れば歩く。
5月に入って雪が完全になくなったら笹薮に埋もれてしまうので、それまでが勝負です。


そんなこんなを繰り返して、ゴールデンウィーク。積雪量が残り50センチ程度になった頃…………


いつものように仕事の合間に歩いていたら、残雪の森の中に小さな物体がポツンと。。。


神が降りました。
思わず、「あ゛ぁぁーー!あったぁぁぁーーー!!」叫んでしまいましたよ。静かな春の森で、ひとり雄叫び(笑)


3ヶ月以上ぶりに回収です。


・・・・・・・
しかしこれからが大事。


お客様が落としたカメラはワタシと同じ防水カメラだったのですが、さすがに3ヶ月以上も雪に埋もれていたせいでモニタやレンズは結露しまくり。
電池はまず残っていないでしょうが、かといって不用意に電源を入れて万が一通電したらショートを起こして壊れてしまうかも。


まずは電池を抜いてワタシのカメラで充電し、フタの類を全開にして乾燥剤やら太陽のチカラを借りてカメラ本体内部をゆっくりと数日間かけて乾燥。焦ってドライヤーでの乾燥は禁物です。


すると3日ほどで結露は消え、綿棒で小さなゴミを掃除し、満タンになった電池をセット。ドキドキしながら電源を入れてみたら……なんと!ON!!フツーに使えそう!!
さすがにお客様のメモリーカードまでは確認するわけにもいかないけれど、本体が大丈夫なくらいだからきっとメモリーカードも大丈夫でしょう。


ワタシ的には、カメラ本体の金額的損失よりもメモリーカード内のご旅行の思い出までも失くしてしまったことがとても心苦しかったので、少し安心しました。


あとはお客様にお送りして、画像データを確認してもらうだけです。


・・・・・・・
カメラを発送してから、数週間後―。


お客様から手作り写真集が届きました―中身はニセコでのご旅行の写真の数々。
2017-05-27%2019.03.39_001.jpg


とてもとても、嬉しい出来事でした。

2017.5.27 15:40

盛りだくさん

一ヶ月ほど前に、もう何年も、日頃からお付き合いのある地元の植物好きな人から
「◯◯の場所を一緒に歩いて欲しいんだけど」
と相談されました。
そこで、日程や見たいモノ・知りたいコトなどをお聞きしながら行程を組み、先日行ってきました。


行きたいという場所は、今までその人自身でも何度も歩いている場所なのに、敢えてガイドにお金を払ってまで申し込んできてくれるなんて、とても嬉しいことです。


テーマは、
・ラン祭り
・シダ祭り


現地でみたシダを細かく紹介したらマニアックすぎるので、とりあえずラン祭りの写真をどうぞ。


イチヨウラン
2017-05-26%2009.38.57_005.jpg


コケイラン
2017-05-26%2011.50.04_023.jpg


サルメンエビネ
2017-05-26%2011.30.01_020.jpg


コアツモリソウ
2017-05-26%2009.35.58_004.jpg


ユウシュンラン
2017-05-26%2012.58.35_029.jpg


スズムシソウ
2017-05-26%2014.42.35_043.jpg


花つきが少ないサカネラン。
2017-05-26%2013.01.48_030.jpg


これだけ歩き回って見ていても、ひとりにも会いません。静かでいいですね。


そして……


今春に、この地域を歩き回っている時に見つけた10cm程度の芽吹き―「これってもしかして……」と驚いたモノを確認しにまた移動。
ワタシの個人的興味にお付き合い頂きました。
「おそらく今頃咲いているはず……」ですから……。


・・・
・・・
・・・


クマガイソウ
2017-05-26%2014.39.27_036.jpg


この花は本州では特に―北海道ですら、自然環境の中で野生状態のものを見られる確率はとても少ない花。
結実率がとても低いために種子繁殖がしにくく、激しい盗掘圧にもさらされています。
しかしこの個体群は昨年の結実した花茎が残っていて、キチンと種子繁殖しているようです。


誰も行かないヤブの中で、人が植えたわけでもなく・誰かが管理しているわけでもなく、本来の自生地で・本来の生え方で誰にも気づかれず咲いている花―。
お客様も、「『写真だけ撮らせて下さい』という崇高な気持ちになるね……」と言っていました。


そういうモノです。
それこそ「自然の美しさ」ですから。


こんなモノたちを見ながら感嘆し、お客様的に長年の疑問だったシダやスゲなどもたくさん見て納得し、いい一日でした。


2017-05-26%2009.51.28_010.jpg


※自生地についてのお問い合わせや、生育場所を知るための新規のお客様のツアーお申込みには一切応じておりません。

2017.5.25 17:33

いろいろと

道東から帰ってきて、今日は朝4時からニセコでプライベート・鳥調査。
そして日中はまたニセコ近郊を走り回り―、なんだかいろいろと見ています。


もう、紹介しきれないほど盛りだくさんなので、一部を写真でどうぞ。


ヤマドリゼンマイの葉の開きかけ。面白い風景。
2017-05-23%2011.47.14_216.jpg


ヒメイズイが何だか可愛らしい。
2017-05-21%2014.08.45_051.jpg


クジャクシダは今日も美しい。
2017-05-23%2014.53.30_248.jpg


ずっと見たかったヒメハナワラビにやっと出会えた。
2017-05-21%2014.25.59_062.jpg


クロユリもひっそりと。
2017-05-24%2010.13.31_257.jpg


明日以降、また盛りだくさんの予定ですよ。お楽しみに。

2017.5.23 16:23

今度は東

先週は道北にいて、そのあと少しニセコをウロウロしていたと思えば、数日前から道東にいます。
ニセコからは往復1000kmほどでしょうか。


こんなモノを見ています↓。


クシロワチガイソウ
2017-05-22%2008.44.38_131.jpg


エゾオオサクラソウ
2017-05-22%2009.12.50_142.jpg


チシマウスバスミレ
2017-05-21%2017.01.11_129.jpg


カブスゲの谷地坊主
2017-05-22%2016.08.49_192.jpg


タンチョウがいた(……剥製です)
2017-05-21%2013.30.40_023.jpg


ヒナもいた!!(……剥製です)
2017-05-21%2013.30.29_022.jpg


年に数回しか歩かない地域なので、あまり見慣れぬ森の姿・見慣れぬ植物が目とアタマに新鮮です。

2017.5.21 18:13

第二次・サクラサク

今年のサクラ(エゾヤマザクラ)はニ週間近く前に開花したので、もうすっかり散ってしまっていますが、今はこのサクラが開花。


サクラスミレ。
P5290034.JPG


6月の登山シーズンには、山歩きの際に第三次サクラが咲いていることでしょう。
ミネザクラ(チシマザクラ)。
110617%20106.jpg

最近の投稿
嬉しい出来事
盛りだくさん
いろいろと
今度は東
第二次・サクラサク
ニセコも
ひと仕事終了
また雨
今日
道端ツアー
プチリニューアル
歩いてます
初現場
グリーンシーズン始まる
サクラ咲く
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
「フクジュソウとシャク」
 ┗ ゆたか  3.28 2017:03:28:19:21:11
 ┗ Ftre-zen  3.28 2017:03:28:22:17:03
ヘビーリピーター
 ┗ ふじたゆみ  3.09 2017:03:09:20:54:47
 ┗ Ftre-zen  3.10 2017:03:10:01:46:06
美しい森を目指して
 ┗ 瀬田川  2.25 2017:02:25:21:41:00
 ┗ Ftre-zen  2.25 2017:02:25:21:54:52
クマゲラ
 ┗ タクミ  2.22 2017:02:22:19:12:30
 ┗ Ftre-zen  2.22 2017:02:22:20:08:17
 ┗ タクミ  2.23 2017:02:23:06:32:24
 ┗ Ftre-zen  2.23 2017:02:23:14:51:16
この上ない
 ┗ タクミ  1.14 2017:01:14:18:48:54
 ┗ Ftre-zen  1.14 2017:01:14:19:13:07
 ┗ ishi  1.14 2017:01:14:22:45:00
 ┗ Ftre-zen  1.15 2017:01:15:08:15:40
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年