2020.7.20 17:15

羊蹄山へ

毎年行っているニセコ羊蹄山岳会の活動のひとつ、羊蹄山のコマクサ駆除事業。
(詳しい内容は、過去ブログで)


今年の活動は、公益財団法人北海道環境財団の ”ほっく―基金” 『北海道生物多様性保全助成制度』にも採択され、より有意義な活動となっています。


地元のプロガイドと地元の自然を愛する愛好家、地元博物館の学芸員や環境省自然保護管理官まで、幅広い人たちによって支えられている活動です。


今年はこんな状況の年ですが、検討の結果、自然を守る活動はやり続けることに大きな意味があるということで、事故・怪我に最大限配慮をしつつ、当然「密」への配慮もしつつの登山となりました。


絶好の登山日和の一日。
200718-07.04.40_0002.jpg


イワギキョウは疎らだったけど…
200718-10.59.10_0004.jpg


イワブクロは密。
200718-10.41.04_0003.jpg


小さなコマクサを探しながらの作業なので、色んなものが目につきます。
リンネソウ
200718-11.44.50_0005.jpg


9合目と外輪部分で3時間ほど作業をし、今年も数十個体がみつかりました。
元の自然に戻すにはまだまだ時間がかかります。
200718-12.39.15_0009.jpg


200718-11.54.37_0006.jpg

2020.7.18 17:51

夏の光

一昨日あたりから、北海道でもジリジリとした日差しが降り注いでいます。
まるで夏の光。
森の中は、コントラストの超強い光でした。


これはこれで嫌いじゃない。
200717-13.49.06_0001.jpg


200717-14.01.04_0001.jpg


200717-14.06.54_0001.jpg


200717-14.19.15_0001.jpg


200717-14.10.07_0001.jpg

2020.7.16 14:49

霧の中

「大雪山に行ってきました」……と言いたい所ですが……
「大雪山の登山口に行ってきました」。


山に登ったわけではなく、登山口周辺の自然を見にウロチョロと歩いてました。
登山者に不思議な顔をされながら…(笑)


小雨で寒い上に霧で何も見えない日だったので、さっさと下山して車で帰っちゃう人たちを横目に、登山口周辺の林道を歩きながら山に登った気分だけ。
200712-12.53.17_0003.jpg


200712-12.52.47_0001.jpg


200712-12.54.02_0002.jpg

アラシグサがたくさん。
200712-11.52.40_0001.jpg


ミヤマチドリ(ガッサンチドリ)はわんさか咲いていました。
200712-12.18.57_0001.jpg

キチンと見れば、ホザキイチヨウランなんかも。
200712-13.33.13_0001.jpg

チシマヒョウタンボクやら…
200712-11.49.20_0001.jpg


大雪山らしく、ウズラバハクサンチドリ。
200712-12.20.05_0001.jpg


雪が残っている沢すじでは、まだ新緑でした。
200712-12.55.03_0004.jpg


時間がなかったのでこんな歩き方になりましたが、これはこれで意外と楽しい。

2020.7.14 17:20

花見登山

ニセコから1時間半ほどの遠征して、自然観察山歩きの日。


いつも以上に、のんびり歩きです。
花のシーズン(6月中旬頃)にはたくさんの人で賑わう山でも、今では空いています。
特に平日なんてガラガラで、数人とすれ違ったくらいの静かな山歩きでした。


エゾヨツバシオガマが盛り。
200709-13.39.38_0008.jpg


地味な花だけど、ネバリノギランがたくさん咲いていました。
200709-11.45.36_0003.jpg


イワカガミがなんとか残ってました。
200709-11.22.23_0002.jpg


足元にはノウゴウイチゴの実。
200709-11.20.05_0001.jpg


頭上ではウソが鳴く。
200709-12.25.36_0004.jpg


ミヤマダイコンソウはニセコでは見ませんね。
200709-13.31.44_0007.jpg


オオバノヨツバムグラ
200709-12.27.46_0005.jpg


自然を見ながらゆっくりと歩くにはぴったりの山でした。
200709-12.45.31_0006.jpg

2020.7.13 16:44

若者と

この日は学校の野外実習の日。
若者たちと自然ガイドの勉強をしつつ、フィールドワークな一日。


私の通常のツアーではプログラムされたツアーはほとんどやらないのですが、時にはきっちりとプログラムを作り込んで実施する、という技術も必要です。


また、ガイドになりたての頃は『動植物の識別が出来ないので、ツアーはまだ出来ないです…』という新人さんが多いけども、小さなイベントでこんなプログラムされた自然観察会をやってみることから、というのもアリなわけで。


識別が出来た上でさらに多くの知識や情報を持っていないとイケませんが、それが出来ていればガイドになれるというわけでもなく、幅広い技術の引き出しを持つことが大事なのです。


ということで、プログラムの実施と体験。
公園の駐車場で遊んでました。
200710-14.23.00_0001.jpg


200710-14.23.06_0002.jpg


植物の全体像を大きく見るのも大事。パラソルみたいなヤマウルシ。
200710-16.07.09_0003.jpg


若者よ、がんばれ。

最近の投稿
見えてくるもの
寒くなってきた
杉の美林
古民家
in 山奥
今シーズン最後?
自然スナップ
ススキ草原
ニセコの秋
ホーム端?
「クズあれこれ」
分かりにくい写真
見られてる
連休中
昔を思い出して
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
寒くなってきた
 ┗ mizu  10.24 2020:10:24:10:55:19
 ┗ Ftre-zen  10.24 2020:10:24:17:32:53
杉の美林
 ┗ ナンジョウ  10.20 2020:10:20:17:28:16
 ┗ Ftre-zen  10.20 2020:10:20:21:57:08
古民家
 ┗ タクミ  10.18 2020:10:18:14:43:18
 ┗ Ftre-zen  10.20 2020:10:20:21:51:23
「クズあれこれ」
 ┗ ナンジョウ  9.29 2020:09:29:20:11:14
 ┗ Ftre-zen  9.29 2020:09:29:20:47:56
 ┗ タクミ  9.30 2020:09:30:19:17:05
 ┗ Ftre-zen  9.30 2020:09:30:22:19:59
連休中
 ┗ ゆたか  9.24 2020:09:24:17:58:32
 ┗ Ftre-zen  9.24 2020:09:24:18:14:38
バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年