2017.5. 1 16:26

なんでもあり・ツアー

今日もお客様との一日。
ボランティアガイドとしても活動している方が、ニセコまで来てくれました。


となれば―、
鳥をみて、
花をみて、
樹木をみて、
しかも個々を細かく、時に大きく環境をみて・・・・・・、


さらには、石仏まで見て、石仏の石を観察し、地域を歴史を知り、いにしえの人の心を探り・・・、時にガイド的裏話(?)まで。
まぁ、なんだか掴みどころのない何でもアリな話題のツアー。


町の近所の公園だけで一日費やす、という変わったツアーでした(笑)
ワタシ的にはこんなのも大好きなスタイルですが。


お話しと観察に忙しくて、撮った写真はどれもパッとしません。
2017-05-01%2014.42.14_081.JPG


本日、オオルリとセンダイムシクイを初認。
ワタシ的には「今日まさに見られるだろう」と狙っていたので、狙い通り(笑)
あと数日もすればニセコの森の中も鳥の声が本格化します。

2017.4.29 16:37

春眠

昨日は地元で飲み会があり、しこたま話してしこたま飲んで……夜はぐっすり。
そして今日は天気がいいので、プライベートで町の公園散策。


花爛漫。
2017-04-29%2011.10.32_003.JPG


2017-04-29%2011.26.53_017.JPG

森の中はほぼ雪がなくなっていますが、一部の日当たりの悪い斜面には雪が残っています。
2017-04-29%2011.15.35_005.JPG


そんな場所ではカタクリなどの開花も遅く、まだ蕾。
怪鳥ロプロスがたくさんいました。
(意味の分からない人はこちら→過去ブログ)。
2017-04-29%2011.19.15_006.JPG


車は走らない公園内の車道で鳥を待っていたら、すっかり眠くなってきて……
2017-04-29%2012.08.23_042.JPG


のどかです。

2017.4.27  5:22

ニセコパノラマライン

もうすぐG.W.が始まりますね。
ドライブをする方も多いでしょうから、冬期は通行止めとなっているニセコパノラマラインの通行止め解除の情報です。


冬期通行止め解除予定日時
◆道道66号線(ニセコパノラマライン)=4月28日10時
◆道道58号線(倶知安~五色線)=5月26日10時
(倶知安観光案内所)


開通前後に雪が降らなければ、順調に開通するかと思います。
080502%20002.jpg


道路が開通しても神仙沼へ歩きに行くにはまだ「雪・雪・雪」ですので、おススメしません。
(昨年のパノラマライン開通時の神仙沼入り口。2016.5.6)
2016-05-006%2011.43.09_006.jpg

2017.4.25 21:07

出っぱなし

昨日はお客様と一日歩き、今日はガイド仲間に誘われ一日中歩いてました。


カタクリの中にサクラ。
2017-04-24%2011.21.15_011.JPG


2017-04-24%2014.25.44_014.JPG


もうシラネアオイが咲き出してた(ニセコではありませんが)。
2017-04-25%2011.13.47_003.JPG


今日は林道歩き。
2017-04-25%2011.02.47_001.JPG

2017.4.23 15:58

ヤブキ用語

2017-04-23%2011.47.34_002.JPG

(今回はワタシ的ガイド論のような話題なので、あまり深く読まずに読み流してください(笑))


リピーターのお客様は知っている人が多いのですが、私には、「ヤブキ用語」や「ヤブキ理論」など、あまり一般的ではない、独自で使っている(使い分けている)言葉があります。


ワタシ的には、
“視界に入れている・目で見ている” のは「見る」、
“視覚以外のあらゆる五感を使って観察したり、引きで見てみたりマクロで見たりする” 見方は、「みる(観る)」
なのです。


当然自然ツアーで提供するのは、「みる(観る)」楽しさですね。
「みる」ことは自分の世界が広がる楽しさがあって、この楽しさを提供するだけでもガイド的ムズカシさがあるのですが、ワタシ的なツアーの目的はまだ先。


実は、「綺麗」と「美しい」もヤブキ用語的に使い分けています。


“あるべきモノ(動植物)が、あるべき環境に、あるべき動植物と共にある” というのは「美しい」自然の姿。


一方で―、
花などが、“(人間の管理などによって)本来の生育地でない環境に、ただたくさん咲いている” といった場所は、「綺麗な」場所であっても「美しい自然」の姿ではありません。
“(人馴れしちゃって)ここに行けば常に出会える鳥” なんてのも、美しい自然の姿ではありません。


「自然が美しい」というのと、「風景・景色・展望が綺麗」というのは、ヤブキ用語的には意味が違ってきます。
たとえ見た目があまり綺麗に見えなくとも、「美しい自然」はあるものです。


何だか細かいハナシですが、お客様に自然を伝えるガイドとしてここを認識できることは大事なことかと思ってます。


自ら自然に足を踏み入れて知ろうとしている馴染みのお客様には、是非ともこの、「みる」行為を通して「美しい自然」を感じて欲しく思ってます。
その上で、正しく自然をみようとする楽しさとムズカシさがお伝えできれば、と思ってます。


この日のお客様は、札幌からわざわざ鳥の観察のために来てくれました。
天気が良く、鳥もじっくりとみて、雑談まじり笑いまじりの楽しい散策でした。


とはいえ、時にキチンと個々を「みて」、「美しい」自然の姿を知り、自然の見方を広げる。
コレ、大事。


鳥や花の名前を決めるだけの作業ではなく、森をみて、個々の植物をみて、地域の歴史までもみて、そんな様々な「みる」行為を通して「美しい場所」に気づき、正しい自然の姿をみようとする行為そのものに、自然ツアーの楽しさがあるのかな、と思います。

最近の投稿
イワトラノオ
タチギボウシ
出張観察会
黄色
レディースチーム
雨の一日
暑い・・・
タッチ&ゴー
ワタスゲに会いに
暑い……
ニセコ羊蹄山岳会コマクサ
雨の中
最果て
ガイドトレーニング
海から山
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
比べるシリーズ
 ┗ タクミ  6.12 2017:06:12:20:56:45
 ┗ Ftre-zen  6.13 2017:06:13:08:30:46
嬉しい出来事
 ┗ タクミ  5.29 2017:05:29:20:25:41
 ┗ Ftre-zen  5.29 2017:05:29:21:25:33
「フクジュソウとシャク」
 ┗ ゆたか  3.28 2017:03:28:19:21:11
 ┗ Ftre-zen  3.28 2017:03:28:22:17:03
ヘビーリピーター
 ┗ ふじたゆみ  3.09 2017:03:09:20:54:47
 ┗ Ftre-zen  3.10 2017:03:10:01:46:06
美しい森を目指して
 ┗ 瀬田川  2.25 2017:02:25:21:41:00
 ┗ Ftre-zen  2.25 2017:02:25:21:54:52
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年