2019.2. 4 15:55

「植物から学ぶ」

2015-05-29%205-30-30.jpg
雑草という名の植物はありませんが、いわゆる雑草のひとつ、スズメノカタビラ。


雑草といわれることの多いイネ科植物は、道端のような場所に多く生えます。
そんな場所は強過ぎるほどの太陽光の下、常に乾燥や水不足にさらされている場所で、時に草刈りや踏みつけもある植物の生育に悪条件の環境。
雑草は他の植物との競争に弱いために争いを避け、他の植物が入って来(られ)ない環境こそが、彼らの生きる場所となっています。


そんな悪条件のなかで育つことの出来る雑草たちは、枝を伸ばし茎を太くして葉を大きく展開させるといった「目に見える成長」よりも、根を深く広く延ばす「目に見えない成長」に常にコストを払い、他の植物には出来ない光合成システムを持ち、逆境に打ち勝つ準備をしながら育ちます。
だからたとえ真夏の乾燥した日照りが続いても、足元の雑草はいつも凛として青々と立っています。



ここ最近、ツアーの日に限って悪天候で、ツアーが流れっぱなしです。
天気と休みのタイミングも上手く合わず、個人的フィールドワークもぱっとせず。


自然ガイドはお客さんの前に立ってナンボ、フィールドワークで歩いてナンボ、ですが、こればっかりはしようがない。こんなこともあります。


ワタシも、根を深く広げましょうか。

2019.2. 2 10:49

厳冬

今週は札幌に繰り出して、敬愛するナチュラリストの方々と美味しいお酒を飲み、ガイド仲間とは近況報告やらでお喋りし、今期最後の講義では若者たちと「自然の中で“職業”としてやっていくためにどうしたらいいか」話し合い――、いい数日間でした。


だけど、厳冬期真っ只中。
途中の道のりでは、所により暴風雪でホワイトアウト、事故多発の荒れ模様でした。


そして来週は、厳冬期とはいえホントに厳しい寒さです↓。
b92e63fd-23c3-487a-a67c-53987d97d9bc.jpg
最大限の防寒でお越し下さい。

2019.1.30 16:59

写真更新

もうお気づきの人もいるかと思いますが、5年ぶりくらいに当ホームページの写真を入れ替えました。
昨年にカメラを買い替えたこともあり、それに伴って写真を撮る量がさらに増え、冬の時間を使ってとうとう入れ替え作業に手を付けた次第。


top190130.jpg


パソコン内にある大量の写真(10万枚ほど)から、各ページイメージに合う一枚を選び出し、リサイズし、ページを書き換えてアップしてみたらなんかイマイチで……また選ぶところからやり直し。
これの連続で、うなされそうでした。
ぜひ、いろんなページを徘徊してみて下さいね。

2019.1.29 15:22

スノーシューひとりごと

2019-01-26%2012.42.15_053.jpg

ツアーの時にワタシ自身が履いているスノーシューは、ちょうど20年前に買ったMSRのスノーシュー。
モデル名は忘れましたが、おそらく現行ではEVOシリーズというモデルあたりでしょう。

ライトニングシリーズは、最軽量の材質を利用し、フレームの刃が比類なきトラクション(グリップ力)を発揮するスノーシューです。REVOシリーズは、プラスチックデッキの耐久性とスチールの刃を……


20年もの間、これだけ使っていてもトラブルは一度もなく、いまだ現役です。
まぁワタシの場合、冬の山を登る時はテレマークスキーを使うので、スノーシューを履く時はほとんどが山麓の森林歩きか冬の調査仕事くらいで、氷と雪の山をガツガツ歩く“登山”に使用しているワケではありません。


それでも調査仕事では、スノーシューを履いたまま沢の石の上を歩いたり、かなりの急斜面を登ったり、かなりハードに使っていますが問題なしです(裏の刃がダメになるので、履いたまま石の上を歩くのはヤメましょう。急斜面でのグリップが悪くなり危険です)。
ホント、耐久性が高いです。


ここ数年はぼちぼち買い替えてもいい気でいるのですが、壊れないので買い換えるキッカケもありません。
壊れていないのに買い換えるほど余裕もありませんし。
だから、ここ2~3年は新規購入に向けて検討”だけ”していて、妄想中。


ライトニングシリーズやエクスプローラーシリーズのようなフラッグシップモデルは値段も高く、ワタシ程度の森林歩き中心の使い方ではオーバースペック気味。MSRは入門用といわれるものでも十分使えます。


しかも、ワタシがツアーでお客様に貸し出しているスノーシューは別メーカーのものです(アトラス製)。
自然ツアーの場合、ガイドがお客様に貸し出している道具よりもあまり性能の良いものを使うとツアーがやりにくいもので、“少し上” くらいがちょうどいい。
となるとやっぱり、次も「EVO アッセント」あたりでしょうか。やっぱり一体成型のモデルは耐久性がピカイチだし。

オフトレイルからバックカントリーまで、あらゆる場所に対応できるMSRスノーシューのスタンダードモデルです。スノーシューに必要とされる機能をバランス良く備えました……


ガツガツ登山をするわけでないなら、いい性能バランスです。何より、20年以上もほぼ変わらない、洗練されたシンプルさが好きです。
いつ買い換えるんだろう……。
ワタシが新しいスノーシューを履いているのを見たお客さんは、ある意味でラッキーです。

2019.1.27 16:18

穏やかな森

厳冬期に珍しい、晴れの穏やかな日。
森もキレイでした。
2019-01-26%2009.37.35_002.jpg


2019-01-26%2010.50.12_031.jpg


2019-01-26%2010.05.17_018.jpg


こりゃ、生きてるな。
2019-01-26%2009.57.57_012.jpg

最近の投稿
「木の曜日講座 in2019」
撮影大会
盛りだくさんの
惜しい
絶妙なバランス
「植物から学ぶ」
厳冬
写真更新
スノーシューひとりごと
穏やかな森
こんなの見た
町のスナップ
暴風雪のあと
動きのある一週間
「“ハマる” 難しさ」
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
「“ハマる” 難しさ」
 ┗ ゆたか  1.16 2019:01:16:18:39:23
 ┗ ハナシノブ  1.16 2019:01:16:19:26:38
 ┗ タクミ  1.16 2019:01:16:20:44:22
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:06:15
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:12:48
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:15:33
 ┗ きよし  1.28 2019:01:28:12:24:45
 ┗ Ftre-zen  1.28 2019:01:28:12:47:42
自然をみるために、スキー
 ┗ namiki  1.09 2019:01:09:20:53:23
 ┗ Ftre-zen  1.09 2019:01:09:21:24:13
いつものように
 ┗ mizu  1.02 2019:01:02:10:49:50
 ┗ Ftre-zen  1.02 2019:01:02:14:59:12
今年もありがとうございました
 ┗ ゆたか  12.31 2018:12:31:14:49:02
 ┗ Ftre-zen  12.31 2018:12:31:15:55:21
樹姿観察
 ┗ タクミ  12.28 2018:12:28:18:11:10
 ┗ Ftre-zen  12.28 2018:12:28:19:04:28
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年