2017.4.23 15:58

ヤブキ用語

2017-04-23%2011.47.34_002.JPG

(今回はワタシ的ガイド論のような話題なので、あまり深く読まずに読み流してください(笑))


リピーターのお客様は知っている人が多いのですが、私には、「ヤブキ用語」や「ヤブキ理論」など、あまり一般的ではない、独自で使っている(使い分けている)言葉があります。


ワタシ的には、
“視界に入れている・目で見ている” のは「見る」、
“視覚以外のあらゆる五感を使って観察したり、引きで見てみたりマクロで見たりする” 見方は、「みる(観る)」
なのです。


当然自然ツアーで提供するのは、「みる(観る)」楽しさですね。
「みる」ことは自分の世界が広がる楽しさがあって、この楽しさを提供するだけでもガイド的ムズカシさがあるのですが、ワタシ的なツアーの目的はまだ先。


実は、「綺麗」と「美しい」もヤブキ用語的に使い分けています。


“あるべきモノ(動植物)が、あるべき環境に、あるべき動植物と共にある” というのは「美しい」自然の姿。


一方で―、
花などが、“(人間の管理などによって)本来の生育地でない環境に、ただたくさん咲いている” といった場所は、「綺麗な」場所であっても「美しい自然」の姿ではありません。
“(人馴れしちゃって)ここに行けば常に出会える鳥” なんてのも、美しい自然の姿ではありません。


「自然が美しい」というのと、「風景・景色・展望が綺麗」というのは、ヤブキ用語的には意味が違ってきます。
たとえ見た目があまり綺麗に見えなくとも、「美しい自然」はあるものです。


何だか細かいハナシですが、お客様に自然を伝えるガイドとしてここを認識できることは大事なことかと思ってます。


自ら自然に足を踏み入れて知ろうとしている馴染みのお客様には、是非ともこの、「みる」行為を通して「美しい自然」を感じて欲しく思ってます。
その上で、正しく自然をみようとする楽しさとムズカシさがお伝えできれば、と思ってます。


この日のお客様は、札幌からわざわざ鳥の観察のために来てくれました。
天気が良く、鳥もじっくりとみて、雑談まじり笑いまじりの楽しい散策でした。


とはいえ、時にキチンと個々を「みて」、「美しい」自然の姿を知り、自然の見方を広げる。
コレ、大事。


鳥や花の名前を決めるだけの作業ではなく、森をみて、個々の植物をみて、地域の歴史までもみて、そんな様々な「みる」行為を通して「美しい場所」に気づき、正しい自然の姿をみようとする行為そのものに、自然ツアーの楽しさがあるのかな、と思います。

2017.4.21 17:28

下見

ちょっと更新が空いちゃいました。


先日は暴風のため一日内業。次の日も雨。
その間は特に何か面白い事があるわけでもなく淡々と室内で過ごし、昨日は一日講義。
朝早く家を出て夜に戻り、色々と重い仕事をいくつか片付けていたら、もう眠くてダウン。
今日は、そろそろ鳥の調査を始める時期なので、朝からその下見(予備調査)で歩いてました。


とまぁ、こんな毎日。


羊蹄山麓の雪はもう40cmほどまで減り、羊蹄山登山口までは除雪もされてアスファルトが出ています。
2017-04-21%2009.07.03_003.JPG


ウグイスは一週間前に確認し、アオジも到着、今日はヤブサメやトラツグミを初確認。
さえずりが盛んになり、鳥の姿を確認しやすくなるにはまだ一週間以上あるかと思いますが、鳥の季節が始まりだしてます。

2017.4.18 16:05

入れ替わり

今日はなかなかスゴい春の嵐。
家がきしみ、少し恐怖を覚えるほど。
昨晩までは、
「どこか行こうか・・・」
などと無謀なことを思っていたけど、倒木や落枝など、危険すぎます。
さすがに家で大人しくしてました。


2017-04-17%2009.53.21_001.JPG

昨日は、今シーズン最後(?)になるであろう、ゲレンデでのスキー。
春らしく、滑りに行っているのだか喋りに行っているのだか分からない感じでしたが、とにかく愉快な仲間たちとのんびりしているのが、春らしい。

2017-04-17%2010.02.42_003.JPG


一方で、2日ほど前には、道南でアケボノスミレが咲き出した(らしい)。
昨年ワタシも道南での春植物観察会のついでに、これを見に行きました。何せこのスミレは道南でしか見られませんから。
(アケボノスミレ 2016.4.27)
2016-04-27%2013.47.55_0179.jpg


いよいよ鳥やら花やらの季節になってきました。
(ニセコでの本格的な春は、あと10日以上はかかりそうですが)

2017.4.16 15:45

新入荷

先日、印刷屋から新しいパンフレットとステッカーが届きました。


パンフレットは、相変わらずの紙質重視です(笑)
中身を読んでもらうことよりも、気持ちの良く手に取ってもらって、写真集的にパラパラ~と見てもらえることを大事にしてますんで。
気持ちの良い手触りですよぉ(笑)


ステッカーは、デザインは以前とほぼ一緒だけど、色違いをいくつか作りました。
しかも今回はチビタイプも追加。これがなかなか可愛いらしいですよ。
ツアーに参加された方しか手に入らないので、ぜひ来て下さいね(笑)


ちなみにパンフレットは、多くの場所(アウトドアショップや観光案内所など)には置いてません。
独立以来から、ワタシ自身が相手と人的繋がりがあって、相手方にもワタシのツアーを分かってくれている場所にしか配らないようにしています。
そういう意味では、色々な所で見かけるパンフレットではありません。


こちらもツアーにご参加の際は、ぜひ手にとってみて下さいね。
2017-04-12%2016.09.33_008.JPG

2017.4.14 19:29

第一次テトリス

今日から学校が始まり、今年度初の講義の日でした。
今年も変わらぬスタイルでツアーをやりつつも、講義や実習、調査や講習会などなど、自然関連の色々なお仕事に関わっていきます。


2015-05-04_211728.png

さてさて、前にも登場したことがある、この写真。
かつて流行ったテトリスというパズルゲームです。


個人事業主の仕事は、このゲームのように、仕事が入った順にどんどん隙間を埋める作業。
落ちてくるブロック(仕事)が隙間(空き日程)に上手くハマらずに外枠(一ヶ月)がいっぱいになっちゃたら、ゲームオーバー。
ご予約や仕事の打診はあっても対応できずに一ヶ月が終わってしまった、ということ。
日程が合わずにツアーや仕事を断っているのに仕事のない日も多数、なんて巡り合わせの悪いこともあります。
つまり単純に収入なし!まさにゲームオーバー!(笑)


ブロックが上手く隙間にハマっていけば、キレイに外枠が埋まる。
ツアーなどを断ることなく、一ヶ月が仕事で埋まった、ということ。


昨年はこのパズルが2ヶ月以上完全にハマり続けた(=二面クリア)、なんてことがあり、ありがたい限りであります。
そもそも、ブロック(ご予約や仕事依頼)が落ちてきてこそのパズルですから。


4月に入り、現段階でご予約頂いているツアーや観察会、講習会、学校の講義、調査仕事などの第一次パズルが始まってます。


これから適宜ご予約頂ければ、さらなるパズルとなります。
ワタシ的には「パズルどんとこい!」です。どんどんブロックを落として下さい。


だけどもうすでに、どうしても日程が合わずにお断りしてしまった何人かのお客様、スミマセン。
またいつでもお待ちしております。
基本的には、当然まだまだ隙間ばかりですので、夏ツアーのご予約、お待ちしています!

最近の投稿
嬉しい出来事
盛りだくさん
いろいろと
今度は東
第二次・サクラサク
ニセコも
ひと仕事終了
また雨
今日
道端ツアー
プチリニューアル
歩いてます
初現場
グリーンシーズン始まる
サクラ咲く
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
「フクジュソウとシャク」
 ┗ ゆたか  3.28 2017:03:28:19:21:11
 ┗ Ftre-zen  3.28 2017:03:28:22:17:03
ヘビーリピーター
 ┗ ふじたゆみ  3.09 2017:03:09:20:54:47
 ┗ Ftre-zen  3.10 2017:03:10:01:46:06
美しい森を目指して
 ┗ 瀬田川  2.25 2017:02:25:21:41:00
 ┗ Ftre-zen  2.25 2017:02:25:21:54:52
クマゲラ
 ┗ タクミ  2.22 2017:02:22:19:12:30
 ┗ Ftre-zen  2.22 2017:02:22:20:08:17
 ┗ タクミ  2.23 2017:02:23:06:32:24
 ┗ Ftre-zen  2.23 2017:02:23:14:51:16
この上ない
 ┗ タクミ  1.14 2017:01:14:18:48:54
 ┗ Ftre-zen  1.14 2017:01:14:19:13:07
 ┗ ishi  1.14 2017:01:14:22:45:00
 ┗ Ftre-zen  1.15 2017:01:15:08:15:40
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年