2017.12.10 16:22

山麓の雪

『今年の雪は順調に増えていて…』
なんてことをこのブログでもよく言ってますが、それって地元の人間にしか分からない感覚ですよね。
失礼しました。
ガイドは感覚だけで語ってはイケません。


ということで、もう何年もの間、シーズンに何度か決まった日に・同じ場所で撮り続けている記録写真で、今の雪の量をご紹介。
羊蹄山麓の12月10日です。


2014年
2014-12-09%2012-26-05001.jpg


2015年
2015-12-08%2012-57-51001.jpg


2016年
2016-12-09%2013.12.45_029002.jpg


2017年
2017-12-10%2011.42.36_002003.jpg


看板と雪の量、ササの出具合いを見ると、今年の雪はやっぱり順調に増えてます。
雪の量が同じ程度でもササの出具合いに違いが出るのは、これまでの降り方や降り積もった時の風向きが影響しているのでしょう。


山麓でもこんななので、山に上がればもっといい感じ。
今日も楽しく滑ってました。

2017.12. 8 16:47

雪の毎日

泊りがけの仕事から帰ってきました。
『ニセコは雪、ニセコを離れれば晴れ』
という相変わらずの天気で、途中の道のりは快適な出張でした。
今年は “良い降り方” をしています。


しかしここ5年くらい(?)は、冬の出だしが遅かったり真冬に雨が降ったり、なんかヘンな雪の降り方が多い気がします。
しかも最近の “爆弾低気圧” の言葉のように、真冬なのに暖かい日があって雨が降ったかと思えば、一晩に50cm以上も積もるような猛吹雪の日があったりで、まるで災害のような日もあります。


仕事柄、過去に記録的な悪天候になった時の天気図を保管しているのですが、昨年の12月10日の天気図はこんな。
img_1_m.png


この時の上空には、真冬でも稀なマイナス42℃の寒気が入り、強い北風が雪雲を札幌市付近に運んだことで、札幌市の積雪は一気に50cmも増えて62cmの積雪となりました。12月上旬としては15年ぶりの積雪量を記録しました。


さらにこの後のクリスマス時期には爆弾低気圧がやって来て、さすがの札幌でも災害級とも言える50年ぶりの大雪となりました。
16122303.png


しかしこの時のニセコは、両日ともにちっとも雪が降らずに風が強いだけ……。


その点今年の冬は教科書通りの冬型気圧配置が多く、そんな時は西寄り(北西)の風が優勢となってニセコでは連日雪ばかりとなります。当然積雪量もどんどん増えます。
こんな時の札幌の雪は大したことはなく、フツーになるのが典型的なパターンです。


10年以上前のニセコって、いつもこんなだった気がします。


今年のニセコ・・・猛吹雪という日は今のところほとんどなく、だけども毎日20cmくらいは積もり、毎日氷点下の気温で溶けることもない。
その分なかなかスッキリ晴れたり暖かい日はありませんが、冬のニセコでは当たり前な天気なのです。


『適切な季節感』って、いいことです。
たまにはスッキリと青空が出て暖かい、というのも魅力的ですが、こんなふうな冬がいいですね。


ニセコでは、4月いっぱいまでは雪の季節。
冬はまだまだこれからですが、今年の冬はどうなるでしょね?


今週もありがちな天気予報でした↓(笑)
Screenshot-2017-12-6%20tenki%20jp.png

2017.12. 5 16:30

始まり

本日やっと初滑り。
2017-12-05%2010.53.12_009002.jpg

2017-12-05%2011.18.35_040001.jpg


ワタシはスキーを仕事にしていませんが、ニセコの他のガイド仲間と同様、そもそも20年近く前にスキーがしたくて移り住んだ派なので、”スキー場に行けばいつも会って、話しをしたり一緒に滑ったりする知り合い“ という仲間もたくさんいます。
中には、(会う時はいつもゴーグルにニット帽なので)素顔を知らないとか、滑ってくれれば分かる、という仲間も多いのですが(笑)


とにかく、今年も滑りに行けば、
「あっ、どーもー。今シーズンもよろしく~。」
という挨拶が、今時期のニセコらしくて気持ちの良いものです。


始まりましたね。


ということで、ツアー開始のお知らせも。こっちの方が大事でした (^_^;)


現在のニセコの雪はスキー場上部でもうすでに2mほど積もっていますが、山麓の森の中はまだ少なめで50cm程度。
だけど、スノーシューツアーならもう大丈夫。
まだササが埋まりきっていないし、倒木などで歩きにくい所もありますが、ルートを選びながら森の中を歩けます。
今年の冬ツアー開始です!


ただし、スノーランブラーツアーは安全管理上、ツアー催行にはあと50cmは雪が必要です。
12月中旬にもなれば、両ツアー共に実施可能となるかな?と思ってます。


まずは現段階ではスノーシューツアーのみの実施となりますが、今年も皆さまのご参加をお待ちしております。(ご予約の受付はいつでもOKですんで)

2017.12. 3 16:14

こんなの見た

冬なんで、こんな景色を。
エゾエンゴサク大群生(2017年4月23日後志地方)
2017-04-23%2012.51.00_030.JPG


2017-04-26%2010.43.46_005.JPG


2017.12. 1 16:18

12月になりました

今年もあと一ヶ月となりました。
先月末から冬のツアーのお申し込みやお問い合わせも増えてきて、研修会・講習会等の打ち合わせも続いています。冬らしくなってきました。


今年の冬は寒い日が多く、ニセコでもいいペースで雪が増えて来ていますが、冬のツアー開始にはもう少し、といった積雪量なのでもう少々お待ち下さいマセ。


となるとワタクシ、空いている日はまだ踏ん張ってます。


今日は鳥探し。
2017-12-01%2013.20.51_001003.jpg


2017-12-01%2013.31.09_010002.jpg


ニセコに比べれば雪は全然ないのですが、まぁ、寒い寒い。
日中でもマイナス5℃ほど。しかも風。


軟弱なワタシは、外で5分も見ていたら車に避難する始末で、しまいには車から観察出来る場所で見てました。
結果、一日中ずっと車に座りっぱなしなので、エコノミー症候群になりそう。


さすがに腰・膝に悪いので少し外に出て歩くと、やっぱり寒くてすぐに車に避難。


こんなのの繰り返しです。


しかも、鳥見に行ったのに鳥用のカメラを忘れました。
そんな時に限ってオオモズに数年ぶりに出会うという、マーフィーの法則的あるある。


日本では稀な冬鳥で、普通のモズよりも明らかに大きく見え、冬景色に似合う淡い羽色がキレイな鳥です。
本州に比べれば北海道では観察しやすいのですが、それでもかなり散発的で、出会えればラッキーです。
ニセコでは雪が多すぎるのか、一度も見かけたことがありません。


この木の中にいるんだけどな~……。
2017-12-01%2013.27.01_004001.jpg


いつもの防水カメラでの写真じゃまったく分からんので、あとはGoogle先生におまかせ。
→Google画像検索

最近の投稿
メンズ・デイ
アウトドアフォーラム
こんなの見た
夫婦円満?ツアー
情報収集
ラッセラー
穏やかな正月
ワシ見
明けましておめでとうございます
今年もありがとうございました
深雪遊び
歩かない自然ツアー?
年末年始
スッキリ!
レンジャクの木
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
ワシ見
 ┗ ナンジョウ  1.05 2018:01:05:17:13:07
 ┗ Ftre-zen  1.05 2018:01:05:17:41:31
ヤセ尾根
 ┗ ゆたか  10.28 2017:10:28:17:41:55
 ┗ Ftre-zen  10.28 2017:10:28:19:44:16
ロマン
 ┗ mero  9.07 2017:09:07:21:35:50
 ┗ Ftre-zen  9.07 2017:09:07:21:59:19
ニセコの山へ
 ┗ タクミ  8.15 2017:08:15:19:32:12
 ┗ Ftre-zen  8.15 2017:08:15:19:42:13
「比べるシリーズ」
 ┗ タクミ  6.12 2017:06:12:20:56:45
 ┗ Ftre-zen  6.13 2017:06:13:08:30:46
バックナンバー
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年