2019.1. 5 16:04

自然をみるために、スキー

この日はスノーランブラーツアー。


スキーをしにニセコに来ているお客様でしたが、少し趣向を変えたスキーで自然の森の中へ。
スキー場だけでは感じられないニセコらしさを感じられるよう、相変わらず、人のまったくいない森へ。
正月というのに、誰にも会わない静かな森でした。


自然ツアーっぽく、”自然を眺めている” 風な写真を撮って遊んでました。
2019-01-01%2010.20.08_010.JPG


自然ツアーっぽい(笑)
2019-01-01%2010.49.30_019.JPG


これも、「っぽい」。
2019-01-01%2011.58.15_040.JPG


そういえば、「っぽい」ではなく自然ツアーなんで、たまにはキチンと自然を見て、人の気付かないトコロも見てました。そういう肝心の写真はない!


仲睦まじい二人の雰囲気がとても良かったので、盗撮。
2019-01-01%2011.22.52_033.JPG


転ぶ時も一緒に。
2019-01-01%2011.02.55_028.JPG


スキーのテクニックよりも、自然の森の中で雪と戯れながら自然をみて感じるためのスキーなので、大して教えることもありませんが、すっかり上手になりました。
2019-01-01%2012.08.15_041.JPG


ワタシも楽しく、いいお正月でした。

2019.1. 3 14:37

シアワセ

誰のことも気にせずに、子供たちが笑って、はしゃいで、雪と戯れて……幸せな一日。
こんな日のブログは、ワタシの文章なんていらない。


2018-12-31%2009.37.49_007.JPG

2018-12-31%2010.20.24_012.JPG


2018-12-31%2010.54.46_020.JPG


2018-12-31%2011.33.18_030.JPG


2018-12-31%2011.44.08_042.JPG


2018-12-31%2011.54.28_049.JPG


2018-12-31%2011.54.31_051.JPG


2018-12-31%2011.54.20_047.JPG

2019.1. 1  6:49

いつものように

明けましておめでとうございます。


今年のツアーも皆様にとって思い出深く、喜んでもらえるものとなるよう、ひとつひとつのツアーを丁寧に・大事にやっていきたいと思っています。


さて、ワタシが独立してからずっと、この時期に来てくれているお客様。
今年も一緒でした。


悪天候だろうがあまり気にしないお客様なのでワタシも気楽なんですが、予想以上に青空も見える穏やかな天気で気持ちがいい。
2018-12-29%2010.09.41_011.JPG


2018-12-29%2010.30.38_014.JPG


森がキレイな一日だったので、こんなトコロも歩いてました。
2018-12-29%2010.42.40_022.JPG


この日は、スノーシューを履いても埋まる深い雪。でも、まったく動じず。
ワタシの代わりに道を作ってくれます。ガイドさん、楽してます。
2018-12-29%2011.41.22_033.JPG


天候の急変もニセコらしい。
ワサワサ降り出してもまったく動じず、黙々となるわけでもなく、ワイワイと。
いいことです。
2018-12-29%2011.44.32_036.JPG


2018-12-29%2011.53.11_038.JPG


今年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いします。

2018.12.30 16:20

今年もありがとうございました

今年も残すところあと一日。
年末年始にかけても、お客様とご一緒に歩かせてもらっています。
今年一年、ツアーに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。


今年は色々とありました。


6月~7月は長雨に悩まされ―
2018-07-02%2015.04.04_180.JPG


夏には、台風のせいでこんな森が…
(2016年冬)
2016-02-20%2010.01.00.jpg


こんなに荒れちゃって、冬のツアーではもうここは歩けない…。”荒れた森” を見てみたい人はお連れしますが。
(2018年冬)
2018-12-30%2010.37.11_041.JPG


9月には震災の影響で停電。
2018-09-06%2019.28.56_012.JPG




そんな暗い話しばかりじゃなく、今年もたくさんのいい出会いがありました。


雪と山(5月ツアーにて)
2018-05-10%2009.40.59_040.jpg


ヒメホテイラン(5月 檜山地方)
2018-05-16%2015.17.47_145.jpg


花・花(5月ツアーにて)
2018-05-09%2013.12.405_046.jpg


花・花・花(7月 後志地方)
2018-07-23%2014.15.26_041.JPG


ヒメムヨウラン(7月 上川地方)
2018-07-15%2010.14.56_030.JPG


エゾウスユキソウ(7月 釧路地方)
2018-07-24%2014.36.12_143.JPG


大雪山(8月 上川地方)
2018-08-07%2010.09.25_502.JPG


カリガネソウ(8月 空知地方)
2018-08-16%2009.26.32_044.JPG


来たる年が皆様にとって、平穏で良い一年となりますように。
来年もお客様との・自然との、いい出会いを楽しみにしています。
2018-12-28%2014.51.37_01000.jpg

2018.12.28 16:37

樹姿観察

普通、冬の自然観察で樹木を見る時には、近づいていって「冬芽観察」をするのが一般的なのですが、冬芽って常に近くで(目線の高さで)見られるワケではないので、そうなると「樹皮観察」となるのが普通です。


でもフツーだけでは嫌なワタシは、木に近づく前にその木の全体像を見れば、それなりにアタリがつけられると思っています。これをヤブキ用語で「樹姿(きすがた)観察」といいます。


木の立ち姿って、枝のひとつひとつの分岐の繰り返しで成り立っているものなので、そこに着目すれば特徴が掴めてきます。
ワタシのパソコンには「枝先写真」なる、数々の分かりにくい写真があるくらい。


ダケカンバ
2018-12-22%2010.34.36_021.JPG


ミズナラ
2018-12-22%2010.21.38_014.JPG


シナノキ
2018-12-22%2010.40.24_024.JPG


ハルニレ
2018-12-22%2010.48.26_026.JPG
よく見てみれば、枝先を見るだけでこれだけ違いがあるものなんです。


樹木の分枝(ぶんし)の仕方(=枝分かれの仕方)というのにもそれぞれ専門用語があって、キチンとした意味もあり、そこが分かってくるとある程度のグループ分けが出来るのですが、ツアー中にここを詳しく話すと拷問のような解説になっちゃうので、あまり突っ込んで話さないようにしています。
だからいつも、「この木の枝先は、シュシュシューってしてません?」とバカっぽい説明になっちゃいます。


でもここが分かってくると、遥か数十m離れていても「アレは多分○○の木じゃないかな?」とアタリをつけてから近づいて、ゆっくり冬芽や樹皮観察をし、「はぁ~やっぱりね」となる。
この「やっぱりね」の感覚が意外と嬉しかったりもします。ハズレもよくありますが、それもまた楽し。


しかも ”自分にはそう見える・感覚的に分かる” という世界なんで、他人からはまるで悟りを開いているかのようで、一目置かれますよ。多分。


そんなトコロをひたすら見て歩いてました。

最近の投稿
「木の曜日講座 in2019」
撮影大会
盛りだくさんの
惜しい
絶妙なバランス
「植物から学ぶ」
厳冬
写真更新
スノーシューひとりごと
穏やかな森
こんなの見た
町のスナップ
暴風雪のあと
動きのある一週間
「“ハマる” 難しさ」
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
「“ハマる” 難しさ」
 ┗ ゆたか  1.16 2019:01:16:18:39:23
 ┗ ハナシノブ  1.16 2019:01:16:19:26:38
 ┗ タクミ  1.16 2019:01:16:20:44:22
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:06:15
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:12:48
 ┗ Ftre-zen  1.17 2019:01:17:14:15:33
 ┗ きよし  1.28 2019:01:28:12:24:45
 ┗ Ftre-zen  1.28 2019:01:28:12:47:42
自然をみるために、スキー
 ┗ namiki  1.09 2019:01:09:20:53:23
 ┗ Ftre-zen  1.09 2019:01:09:21:24:13
いつものように
 ┗ mizu  1.02 2019:01:02:10:49:50
 ┗ Ftre-zen  1.02 2019:01:02:14:59:12
今年もありがとうございました
 ┗ ゆたか  12.31 2018:12:31:14:49:02
 ┗ Ftre-zen  12.31 2018:12:31:15:55:21
樹姿観察
 ┗ タクミ  12.28 2018:12:28:18:11:10
 ┗ Ftre-zen  12.28 2018:12:28:19:04:28
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年