2019.6.12 21:38

清掃登山

一週間ほど前になりますが、ニセコ羊蹄山岳会の活動でニセコの山を歩いていました。
山開きを前に、清掃登山の活動です。


ゴミ袋や火バサミ片手に歩きながらも、ガイド仲間同士なので、いつものように植物を見ながらあーだこーだ言いながら、和気あいあいの山歩き。
ゴミを拾いながら歩くのが本分だけど、写真撮影にもゆっくりと興じてました。


エゾイチゲ
190606-09.50.39_149.jpg


日差しが強いので、敢えて「ど・アンダー」でエゾノリュウキンカ。
190606-09.53.29_150.jpg


チシマザクラ
190606-10.24.33_168.jpg


山菜採りでネマガリダケ(チシマザサ)を取るのはいいのだけど、登山道脇で採ったタケノコを処理して山を汚すのはヤメましょう。
本人にとっては「タケノコの皮は自然に帰るでしょ」というつもりなのでしょうが、登山道脇にこれだけの残骸があると、見た目に残念な光景です。
キレイな登山道とキレイな花々を見ながら、キレイな自然を楽しみたいものです。
190606-10.08.19_159.jpg


目国内岳
190606-10.32.25_171.jpg


稜線は花盛りでした。
ミヤマアズマギク
190606-11.25.21_191.jpg


190606-11.27.05_194.jpg


ミヤマオダマキ
190606-11.26.21_193.jpg


ミヤマアズマギクとミヤマオダマキとチシマフウロの三種盛り。
190606-11.24.28_190.jpg


皆で話しながらの観察は、楽し。
190606-11.27.26_197.jpg


下山後は、最新の搬送法についての技術共有。
自然ガイドだって、野外搬送が出来ないとイケません。
山岳ガイドと自然ガイドがそれぞれの技術・知識を共有出来る場って、そうはありませんね。
とても参考になり、いい勉強が出来ました。
190606-13.18.54_232.jpg

●コメント一覧
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年