2020.8. 5 17:26

何気ない自然美

こんな何気ない自然美が好きなんです。
こんなご時世だからこそ、何気ないものがいつもどおりにある大事さを感じます。


近所の公園の、なんてことのない風景。
200720-16.32.49_0001.jpg


どこにでもある植物でも、何気ない造形美。
オオウバユリの花後。
200720-16.47.01_0002.jpg


オニグルミの葉。
200720-16.57.30_0001.jpg


オオカメノキの若葉。
200724-15.20.15_0002.jpg


繊細な美。ヤマヌカボ
200724-16.06.40_0003.jpg


エゾメシダのシンメトリーな美。
200724-16.19.17_0004.jpg


魚の骨のような面白い造形美。ヤマソテツの胞子葉。
200724-16.41.55_0004.jpg


トリアシショウマの花のぽよぽよ。
200728-11.34.45_0006.jpg


何十回と歩いている近所の遊歩道の風景も。
200726-14.28.43_0005.jpg


200730-16.08.24_0006.jpg


200730-16.12.15_0007.jpg


200803-13.17.03_0001.jpg

2020.8. 3 19:10

小さい花

夏は小さな花が多い気がします。


モウセンゴケはまだマシ。
200724-12.00.10_0001.jpg


ヤブジラミ
200725-11.24.52_0001.jpg


ミツバ
200728-09.38.04_0001.jpg


ミヤマタニタデ
200719-16.18.40_0001.jpg


ヤブハギなんて風でゆらゆら動くので、撮影はさらに困難。
(ちなみに写真は「ヤブハギにヤブマメのツルが巻き付いている」という、おもしろ写真のつもり)
200725-12.21.11_0002.jpg


老眼気味の目には、ピントが合っているのかどうかすらよく分からない……。

2020.8. 1 21:12

ラン

ニセコでも身近なラン。


珍しいというほどでもないけど、出会うと少し嬉しいオニノヤガラ。
200719-15.48.23_0001.jpg


鏡沼に行く途中にたくさん咲いてました。オオヤマサギソウ。
200722-13.50.37_0003.jpg


よく見るとアリドオシランもありますよ。
200724-14.33.20_0002.jpg


少し標高を上げた所には、ヒトツバキソチドリ。
200724-11.39.17_0004.jpg


クモキリソウもたくさん咲いてました。
200724-11.44.25_0001.jpg


ランの仲間ではありませんが、今年はイチヤクソウがたくさん咲いています。
200724-14.43.33_0005.jpg


ヒトツバイチヤクソウもありました。
200719-16.17.14_0002.jpg


しばらく森林内が地味な時期だったのですが、少し花っけが出てきました。

バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年