2019.5.20 15:56

今の神仙沼

神仙沼の様子を見に、行ってきました。


駐車場のトイレは、例年6月第一週のニセコ山開きまで使えません。
190520-09.39.57_012.jpg


入り口だけを見れば、余裕で行けそうな感じ。
190520-09.40.35_013.jpg


だけど、まだ木道の一部で雪がかぶっています。
190520-09.41.37_014.jpg


完全に道がなくなる所もあるので、皆さんここいらで引き返してました。
気軽に散策するにはまだかかります。
190520-10.25.42_062.jpg


190520-10.24.39_060.jpg


しかも、今が一番中途半端な雪の量。
キチンと選ばずに迂闊に足を置くと、雪が抜けますよ。危険があるほどではないですが、少々イラッとくる。
190520-10.29.36_063.jpg


湿原内は雪はなくなっていますが、当然、木道の整備はまだ。
これも山開きに向けて整備されるかと思うので、もう少し待ちましょう。
190520-10.13.49_053.jpg


神仙沼
190520-10.01.07_030.jpg


自己責任で行ったトコロで、植物はまったく始まっていないし、つまらないかも。。。
190520-10.04.17_037.jpg


190520-10.07.58_046.jpg


探せば、ミズバショウやエゾイチゲがぽつぽつとある程度。
190520-10.15.22_054.jpg


190520-10.20.52_056.jpg


ということで、「神仙沼ネイチャーハイキング」は6月以降、木道の整備がおおむね済んでからの実施となります。

2019.5.18 15:45

東北遠征~森編

八甲田の山々は雪解けの季節を迎え、ブナの新緑が美しい。
まだまだ滑れそうで、板を持ってくれば良かった(笑)
190512-07.45.14_049.jpg


190512-07.36.51_045.jpg


190514-09.52.39_328.jpg


ガイド仲間に付き合ってもらって、山麓の遊歩道を歩いてました。
190514-11.02.05_332.jpg


190514-13.41.18_341.jpg


トウゴクサイシン(2007年までウスバサイシンとされていたもの)
北海道のオクエゾサイシンに比べて葉先が尖り、萼裂片はオクエゾほど反り返らずにつまんだようになるのが特徴的。
190514-09.50.24_326.jpg


ヒョウノセンカタバミ
190514-11.48.14_336.jpg


偶然見つけた、オオユリワサビの群生地。
190514-11.40.09_333.jpg


オシダのフィドルヘッド。(フィドルヘッド=シダの開葉前の姿のこと)
190514-15.27.49_367.jpg


「背骨が逆に折れちゃった」系は、サカゲイノデ。
190514-15.27.17_366.jpg


「アッチャコッチャ向いてる」系は、ジュウモンジシダ。
190514-15.32.28_369.jpg


付き合ってくれたガイド衆。ありがとう。
190514-15.05.22_353.jpg


190514-14.50.24_345.jpg


帰り道も美しいブナ二次林に立ち寄って、「いいね~」と独り唸ってました。
190514-17.05.38_374.jpg


奥入瀬に行ってきたのに、奥入瀬渓流を歩いてないことに帰る日に気がついた。
また来よう。

2019.5.16 17:20

東北遠征~水編

初日には、こんなこともやってました。


奥入瀬自然観光資源研究会(通称おいけん)と、十和田湖ガイドハウス 櫂のコラボイベント・カヌーツアーに参加。


190512-09.12.44_055.jpg


丁寧なレクチャーを聞いてから出発します。(なんか、懐かしい…)
190512-09.52.32_072.jpg


190512-09.56.56_074.jpg


私はひとり参加なので、当日出会った親子の参加者と組んで漕いでました。
まぁ「昔取った杵柄」で(笑)
190512-10.18.50_078.jpg


190512-10.27.48_084.jpg


これ以上ない!というくらいのコンディションの中、水面からの美しい新緑の森を見る。
190512-10.24.35_082.jpg


190512-11.03.22_099.jpg


190512-11.49.15_116.jpg


190512-11.15.12_108.jpg


190512-11.03.59_101.jpg


素晴らしいツアーでした。

2019.5.16 14:19

東北遠征~海編

先週末から数日間、青森へ行ってました。


いくら本州でも、花がたくさん咲く盛りの季節にはまだ早い。
だけど、自然ガイドたる者、花が咲いてりゃ分かって当然。(と思いたい)
花の盛期を外したこの時期に―しかも本州の植物を、どれだけ自分が見られるのか勉強です。(分からないから)
まぁ、東北のブナの新緑を見たいな、という気持ちが8割ですが。


15年近く前に来たけども、もう一度来てみたかった種差海岸。
その当時はニセコの植物を覚えるだけでアップアップな頃なので、今なら違うものが見えるはず。
せっかくなので、片道5kmの遊歩道を往復しました。さすがにちょっと遠い。


「天然芝生にクロマツと海」という、絵に描いたような日本的風景。
190513-09.26.32_152.jpg


しょっぱなから、ホタルカズラに喜んでました。
やっぱりこっちに来ると、北海道では見られないモノばかりで、試されているようで楽しい。
190513-09.32.08_157.jpg


おっ!ニオイタチツボスミレでしょう。
190513-09.37.16_159.jpg


この騒々しさ…セイヨウジュウニヒトエでしょうか。いわゆる、アジュガ。
190513-09.41.53_163.jpg


北海道の人間が、この状態のスイカズラを認識するのはムズカシイ…。
190513-13.20.44_251.jpg


ハナイカダはこれから。遊歩道脇にたくさんあります。
これは道南に行けば見られるけども、やっぱり北海道では少ない。
190513-13.13.42_249.jpg


まったくノーマークだった、ウラシマソウ。
花が盛りで、ひとりで盛り上がってました。
190513-10.03.01_180.jpg


サクラソウも盛り。
190513-14.46.57_294.jpg


白砂青松。(松が写ってないけど)
190513-11.06.49_214.jpg


「なんちゃらビャクシンだろうな~」と思って調べてみたら、ハマハイビャクシンらしい。
190513-09.56.11_171.jpg


「なんちゃらトウヒレンだろうな~」と思って調べてみたら、ハチノヘトウヒレンらしい。
190513-13.24.54_253.jpg


ハイネズはたくさんありますが、地味すぎます。
190513-11.47.11_231.jpg


ついでに、15年ぶりくらいに蕪島神社へ。
ウミネコの繁殖地として、国の天然記念物に指定されています。
東日本大震災の津波被害と、つい数年前には火災により本殿消失という憂き目も乗り越え、立派な本殿が再建されていました。
鳥はいつも変わらず毎年の営みに励んでいます。
190513-14.17.53_288.jpg


190513-13.56.05_258.jpg


ヒッチコック「鳥」の世界。
190513-13.57.00_259.jpg


190513-13.58.37_262.jpg


いつ空から糞が降ってくるか分からないためにビニール傘のレンタルなどもありましたが、ここは敢えて何も持たずに歩く。
落ちてきたらきたで、ウンがついた、ということで。


長くなりすぎたので、また。

2019.5.15 15:37

シマリス

なかなか変わった姿勢で芽を食べてます。
190424-15.46.11_160.jpg

2019.5.13 17:58

地球岬

もう2週間は経っちゃってますが、室蘭にある「地球がまぁるく見える地球岬」に行ってました。
というか、観光地の地球岬展望台には行っていなく、地球岬遊歩道を始め、気になっているモノ探しに名もない場所へ。


ニリンソウがキレイでした。
190429-12.39.31_076.jpg


190429-12.39.51_077.jpg


190429-12.40.51_080.jpg


フチゲオオバキスミレ…の影を撮ってみた。
190429-13.04.16_106.jpg


地球岬まで行って、海の写真を撮るのを忘れた。

2019.5.11 16:55

いい!

190510-11.53.36_029.jpg

この日は、町の観察会で歩いてました。


ニセコから1時間半ほど車を走らせて、ニセコとは少し違った自然が広がる場所へ。


皆さん、自然に対する好奇心が旺盛な方ばかりなので、ワタシが少し好奇心をくすぐれば後はみんなであーだこーだ言って、各自が勝手に見ています。
いつもの放置です(笑)
どうしても分からない時だけ、「ヤブキさーん」と呼ばれ、ちょっと解説。
少し話したら、また放置。


いいですね。ワタシ的には理想的。
190510-10.26.36_011.jpg


ワタシはひとり、「踊りまくってるー」などと喜んで、分かりにくい写真を撮ってました。
190510-11.50.01_026.jpg
(オドリコソウの群落)


自然を見て感動したり・識別に悩みながらも楽しむのは参加者の皆さんで、それが分かるようになって喜ぶのも皆さんです。
それを自分自身のチカラで分かろうと楽しんでいるのなら、ワタシが先に首を突っ込んで “教えてあげる” 必要はありません。どうしても分からない時だけ、お手伝いすればいい。


解説してあげる、って実は一番簡単。
空気感や雰囲気を作り出すのが、ガイドとしては一番ムズカシイ。


そんなツアーがしたい。
190510-12.26.32_035.jpg


190510-13.50.17_062.jpg


190510-13.48.04_061.jpg

2019.5. 9 18:51

(ほぼ)勢揃い

毎年GWが終わる頃には、夏鳥の多くが揃います。
今年も5月6日にキビタキやコサメビタキ、5月7日にツツドリを今年初確認。これでニセコでも、9割以上の夏鳥が勢揃いしました。
あとは、渡りの遅いカッコウなどの数種だけ。


遠いけど……ツツドリ。
遠目ではオオタカかと思った。トケン類(カッコウの仲間)が猛禽類に擬態しているのがよく分かる。
190507-11.45.57_076.jpg


センダイムシクイ
190507-12.55.19_203.jpg


オオルリ
190507-12.14.57_105.jpg


ヤマガラ
190507-10.50.33_009.jpg


ニュウナイスズメ
190507-13.01.25_237.jpg


ヤブサメ
190507-12.24.16_134.jpg


ビンズイ
190507-14.30.37_307.jpg


コサメビタキ
190507-12.58.23_231.jpg


シマエナガ
190507-15.04.16_344.jpg


キビタキ
190507-15.14.56_430.jpg


190507-14.36.33_330.jpg


アカゲラ
190507-12.17.12_118.jpg


エゾヤマザクラは満開を迎え、
190507-10.14.53_001.jpg


キタコブシもまだキレイでした。
190507-11.10.25_017.jpg


190507-12.28.48_167.jpg

2019.5. 8 15:31

続・5月

新婚さんは、家造り(巣作り)も頑張ってます。


シマエナガ
190430-15.48.42_147.jpg

2019.5. 7 20:54

5月

5月は新婚さんの季節です。


ベニマシコ(左:オス、右:メス)
190427-14.00.20_079.jpg


アオジ(奥:オス、手前:メス)
190430-12.00.46_075.jpg


イカルは見た目では雌雄の判別は出来ません(雌雄同色)。
まぁ、仲良さそうに並んでいたので、新婚さんということに。
190504-10.53.44_048.jpg

2019.5. 6 13:21

サクラ咲く

やっとサクラの季節がやってきました。
数日前にオオルリもニセコに到着し、森の中ではさえずりが聞かれるようになってきました。


色鮮やかな季節になりました。
190506-10.52.10_001.jpg


190506-11.23.29_011.jpg


190506-11.44.58_023.jpg


190506-12.06.06_030.jpg

2019.5. 4 16:22

公園でも

鳥好き・花好き・動物好きの自然大好きなお子様と、公園散策。
相変わらずワタシ、自然ツアーなのに自然景勝地に行かないことが多いです。
190503-09.54.43_001.jpg


公園といっても都会にあるような芝の都市公園ではなく、アップダウンも結構ある森林内の遊歩道。
観光じゃ普通行かないので、GWとはいえ、静かに鳥の声に耳を傾けられて花をゆっくりと眺められます。
ここは一年でこの時期が最も良く、鳥も花もたくさんの公園です。
190503-11.15.37_034.jpg


隣町のニセコ町ではサクラが咲きましたがここ倶知安町では少し遅く、この日がまさに!と思っていたけどもう一息でした。
そのかわり、カタクリやらキクザキイチゲやらエゾエンゴサクといった春の花がいい時期です。


何気ない公園でも―というか何気ない所の方が、この時期の自然を感じられるものです。
のんびりとした、春の自然散策でした。


今日あたりにサクラも咲いたかも?
190503-13.22.25_009.jpg


190503-13.08.14_002.jpg


190503-13.38.09_013.jpg


追記:本日、5/4に倶知安町内でもエゾヤマザクラが開花しました。

2019.5. 2 12:03

今の神仙沼湿原

まだまだ残雪豊富な神仙沼へ行ってきました。
この時期は管理がされていないので、観光気分で行っちゃダメですよ。なので、写真でお楽しみ下さい。


4月26日に開通したニセコパノラマライン。
190430-08.43.48_018.jpg


今年の残雪量は、去年のこの時期よりもずいぶんと少なめ。
去年はよじ登った雪壁も、今年は余裕。
190430-08.52.21_021.jpg


とは言っても森林内はまだ2mを超える雪なので、どこでも歩けます。
言い方を変えれば、どこを歩いていいか分からなくなるので、歩く人は天候・ルートに気をつけて下さい。
(これからさらに雪が減ってくると、不意に足元の雪が抜けたり、湿原近くでは水もあります。木道が出てくるくらいの雪になるまでは、不用意に歩きに行かないことをオススメします。)


美しい森に誘われ、ダケカンバの森を歩く。
190430-09.20.48_050.jpg


190430-08.56.17_025.jpg


過去写真から似た写真を探してみた。
昔のカメラとは画角が違うので、写っている範囲が違いますが。
2014-06-24%2014-52-09.JPG


190430-09.03.48_031.jpg


神仙沼
2015-06-06%2010-59-45.JPG


190430-09.05.01_035.jpg


木道を歩けるようになるまで、さすがに一ヶ月はかからないでしょう。
去年は6月以降からの「神仙沼ネイチャーハイキング」開始でしたが、今年は早く歩けるようになりそうです。

バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年