2020.3.24 15:06

調べてみた

190807-11.05.06_001.jpg


フィールドワークや山歩きの際には常に持ち歩いているカメラ ”オリンパスOM-D” に買い替えて、ちょうど2年になりました。買ったのは2018年の3月だったんですね。


フルサイズ機の良さも分かっているし、写りでは個人的にFUJIのカメラにも魅力を感じていますが、やはり私の使い方にはOM-Dが最もマッチしています。
トータルのバランスがいいのが一番の魅力でしょうか。


よく、3万~5万回ほどのシャッター数で不具合が出てくる…なんて意見も聞くので、これを機会に、今まで何回シャッターを切ったのか調べてみました。


すると、およそ24,000回…なかなか撮ってます。
普段はオリンパスの防水カメラ「TG-5」も併用しているので、実際にはもっと撮っているわけで。
どうりで写真の整理が大変なわけだ。


オリンパスには、シャッター数を調べられる裏コマンドが用意されています。
防水カメラのTGシリーズでも、同じ操作で見られました。
私の周りではTGシリーズのカメラを使っている方が多いので、備忘録として載せておきますね。


=========
1.MENUボタンを押したまま、電源ON 。
2.モニタが写し出されたらMENUボタンを離し、もう一度MENUボタン押してメニュー画面に入る。
3.十字キーの下と右だけを操作して(この時にOKボタンは使わずに)、セットアップメニューの「モニタ調整」に入る。
4.「モニタ調整」画面に入った後にOKボタンを押すと、機種名と二桁(01)表示の裏コマンド画面に入れる。
5.その画面の状態で、「INFO→上→下→左→右→シャッター→上」と順番に押す。
※「INFO」ボタンが独立していないTG-2では、INFOを省略して十字キー(上)から始めたら上手くいきました。
6.PAGE1と表示されたら、十字キーの右を押してPAGE2へ進む。
7.「R:」がレリーズ(シャッター)回数
(途中で操作を間違えてやり直す場合や、見終わったら電源を落とせばOK)
=========

●コメント一覧
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年