2020.6.27 19:15

白樺山の花

200623-12.38.54_0011.jpg
(白樺山から見た目国内岳)


ニセコ連峰の西寄りに、白樺山という隠れた花の名山があります。
森を見ながら歩いてもよし、花見もよし、展望よし、だけど歩き自体はゆっくり歩いても片道1時間半かからず、といった低山ながらもピリリと魅力的な山。


前回までの神仙沼、鏡沼に続き、今度はこちらの今をお届けします。


珍しいわけではないけど、道内どこの山でも見るような花でもなく……ニセコではたくさん見られるアカモノの花。ニセコがひとつのホットスポットだと思っています。個人的に。
200623-11.42.17_0005.jpg


ハクサンチドリがたくさん咲いているので、「タクサンチドリだぁー」なんて誰も聞いてくれないオヤジギャグを言いながら歩いてました。
淡いツートンカラーのハクサンチドリ。
200623-11.43.43_0001.jpg


もう何十回と登っているのに、イワツツジがあることに気づいていなかった……節穴だらけの目がお恥ずかしい。
200623-11.03.45_0001.jpg


白樺山の稜線はハクサンボウフウとゼンテイカのパレード。
ゼンテイカはこれからもっと増えそう。
200623-11.35.40_0004.jpg


白樺山でやたらと目につくセリ科植物には、ガイドになったばかりの頃に見分けるのに苦労した思い出があります。
当時、お客さんに「これ、なんですかー?」なんて聞かれると、『それはですねー…、アレですねー…、それがですねー…難しくてよく分からんですよ……』とオドオドしてました(笑)
200623-11.34.35_0003.jpg


よくあるハクサンボウフウの、葉がキレキレタイプは ”キレハノハクサンボウフウ” なんて言われるタイプで、さらに混乱させられます。
キチンと見分けたい人は、総苞片と小総苞片を見て花の形や葉を検討し…と、難しい話しになるので割愛!さすがに今は、分からないからじゃありませんよ。
ツアーへどうぞ(笑)今ならお話しできますんで。
200623-11.20.27_0002.jpg


もっと葉がキレッキレになると、”エゾノハクサンボウフウ” なんて言われますが、他にもイブキゼリモドキやアマニュウ、シラネニンジンなんかもたくさんあり…ほんとにセリ科は混乱しやすいですね。
美を愛でるだけにして、名前はスルーでいいです。


エゾシオガマ。
200623-11.47.42_0006.jpg


おなじみ、コケモモ。
200623-11.52.02_0007.jpg


チシマフウロも咲いてます。
200623-12.49.12_0012.jpg


カラマツソウはニセコでは少なめな花。
200623-11.57.05_0008.jpg


この山は雪がなくなって一番に花見で登ることが多く、今までたいてい6月10~15日あたりに歩いてました。
だけど個人的には、6月下旬の方がシダも展葉しだしていて、花のバリエーションも多く、タケノコ採りの人も少なくなって、花見にいい時期だと再認識。
早い時期に咲くミヤマアズマギクもギリギリ咲いているし…
200623-12.01.07_0009.jpg


ミヤマオダマキも残ってました。
200623-12.04.01_0002.jpg


マイヅルソウの群落にオクヤマシダがこんなにあるなんて、今まで気づいていなかったし。
オクヤマシダは、ワタシ的な ”美しさ大好きシダ” です。
他にも、個人的な大発見があったけど、フツーはどうでもいい発見なのでまたの機会に。
200623-13.05.19_0013.jpg


相変わらず、花見散策・低山歩きにいいお山です。
200623-12.36.35_0010.jpg


ニセコの花見散策・三部作でした。

●コメント一覧

初めてニセコを訪ねた時に連れて行って頂いたのが“白樺山”でした。8月でしたが、6月だと花いっぱいなんですね🎵 同じ季節じゃなく、季節を変えて訪ねると違った花に出逢えますね。

タクミ 7. 2 15:04

そうなんですよねー。
季節ごとに魅力はありますが、初夏は花がいい山なんです。
ただ風景を見るだけの山歩きでなく、足元の自然をキチンと見ながら歩くようになると、同じ場所でも何度でも楽しめますよね。
なので、また初夏にでもいかがですか?(笑)

Ftre-zen 7. 2 15:17
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年