2020.9.11 21:01

キクイモ

オオハンゴンソウに似た、キクイモの花。


江戸時代末期に渡来した北アメリカ原産の植物で、飼料用によく栽培され、戦時中は加工用や食用・救荒食としても栽培されました。
現在は特にこれを目的に栽培されることはほとんどありませんが、草刈りされない畑の脇や山麓などに逸出したものが野生化しています。


すでに離農してしまったであろう納屋の廃墟に、キクイモの花が咲いていました。
人間がその土地から離れても、かつての人の営みを感じさせるこんな風景もいい。
200909-08.45.37_0001.jpg

●コメント一覧
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年