2021.4.12 15:53

春のツアーは楽し

20210410051730_0_Z__C_010000_20210410000000_MET_CHT_JCIfsas24_Rjp_JCP600x581_JRcolor_Tjmahp_image.png
(気象庁サイトより引用)


珍しいくらいの穏やかな天気図。
そりゃ、最高ですよね。
210411-10.26.18_0003_ftre.jpg


210411-11.39.32_0023_ftre.jpg


春を感じて
210411-10.51.46_0006_ftre.jpg


自然のチカラを感じる。
210411-14.37.05_0067_ftre.jpg


ガイドの説明なんぞ大して必要ありません。みんなで勝手に見てる。いいことです。
210411-12.07.46_0038_ftre.jpg


自分で持ってきた図鑑で調べる熱心さ。
図鑑を持っていってないワタシは、『頭に入ってますから』と言い訳。
210411-13.26.48_0050_ftre.jpg


そして…健全に遊びまくりの一日。
毎日の仕事で身体はお疲れなのに、疲れさせ過ぎたかもしれません。スミマセン。。。
こんな一日で心の疲れが取れれば何よりです。
210411-15.15.12_0094_ftre.jpg


210411-12.07.05_0037_ftre.jpg


210411-12.29.42_0044_ftre.jpg

2021.4.10 15:39

マジメに遊ぶ

ニセコのスキー場はG.W.が営業終了予定で、あと一ケ月を切りました。
私にとっての冬シーズンもだいぶ終盤になってきました。


今年の冬シーズンは人の動きも少ないし、遠出もしにくいし、飲み会も開けない。ならば地元で滑ってやろうと。ある意味で、移住した頃の初心に戻ったよう。
毎年よく滑ってるけど、今年は特に滑り倒してました。


独立してからの10年以上は、スキーや釣りやカヌーやら、大雪山などの高山の山歩きですら、仕事としての自然ツアーに直接関係のない趣味は気持ち的にもたくさんの時間を取れず、低山や森のフィールドワークなどのツアーに繋がることばかりにもっぱら時間を費やしていました。
気持ちに余裕がないというのか、意外と小心者なんですよ。ワタシ。


それが今年は純粋に楽しんでました。
シーズン中、ずっと足(腿)に軽い肉離れを抱えながらツアーをやってまた滑りに行く、という毎日。
休めばいいだけなんだけど。
欠点を見つけては練習を繰り返してひとつひとつクリアしていく、という行為が楽しい。
仕事にはまったく関係ないけど、それがまた気楽でいい。
ワタシ的ガイド像に大事なことは、独りで自然を見るばかりのマニアでなく、技術・知識・経験・人との繋がりなどの ”幅の広さ” がキモですし。


そしてせっかく身体が出来上がっているので、実は先日、検定を受けてました。
TAJ(日本テレマークスキー協会)技術検定 レベル4


なかなか難しい斜面コンディションでしたが、無事合格。
このブログを見てくれている人の中でテレマーク動画に興味のある人はかなり少ないと思うけど、せっかく動画も撮ってくれていたので貼り付けておきます。


お客さんからよく、
『ヤブキさん、守備範囲が広いっすねー』
などと言ってもらえるので、そういう意味でもまたアリ。


テレマークスキー技術検定 レベル4検定 小回り


テレマークスキー技術検定 レベル4検定 大回り


テレマークスキー技術検定 レベル4検定 総合滑降

2021.4. 8 11:29

寒い…

昨日はこんな感じで滑っていたのに……

210407-11.56.37_0001_ftre.jpg


今朝はこんな。
210408-06.43.23_0007_ftre.jpg


210408-06.48.19_0010_ftre.jpg


気温は2℃程度で冬なら暖かいくらいなんだけど、最近の暖かな気温に一度慣れちゃうとずいぶんと寒く感じます。
慣れって怖いもんです。タイヤ交換をしなくて良かった。


まぁ去年も4月23日に雪が積もっているので、こういう日もあります。
2020年4月23日ブログ

2021.4. 5 14:13

ニセコの春は楽し

210404-10.02.47_0002_ftre.jpg

周辺地域でも花の便りが聞かれるようになりました。すっかり春めいています。
だけど、ニセコはまだまだですよ~。
個人的には、3月下旬~4月上旬のニセコの雰囲気が一番好きです。


この日は、久しぶりに少し肌寒い一日。しかも雪がパラパラと降ったり止んだりの天気。
こういうイレギュラーな雪や気温って滑るには不適になることも多いので、出発前はワタシ的に少しビミョーな匂いを感じてました。
なので、まずは雪質チェック。
210404-11.07.19_0015_ftre.jpg


意外と滑る雪で、普通だったら怖がっちゃう雪質かもしれません。だけど春の雪は気持ちよく板がズレるので、そこは快適。
しかも札幌から何度も来てくれているお客さんは、スノーランブラーも慣れたもの。
よって何も問題なし!


ということで…春のスノランの機動力を生かして、普段よりも深入りしてます。
ワタシ的に好きな場所へご案内。
只今の積雪、2m30cmでした(お客さんに計ってもらった)。


ここにはスノーランブラーにとっては、なかなかのスーパーコース斜面があります。
練習することで出来るようになる、というのもとても楽しいことだし、大木に囲まれた誰もいない森で遊んでいるだけでも楽しいですね。
何度も登り返して練習してました。私は疲れるから下で待機(笑)
210404-11.24.44_0020_ftre.jpg


時に自然を感じて…
210404-12.47.18_0033_ftre.jpg


210404-12.48.47_0038_ftre.jpg


雪の森を眺めながらずっとおしゃべり。昼食時間も冬より長めです。
210404-12.12.49_0026_ftre.jpg


気づけばやっぱり、自然の話しを全然してないツアーになっちゃいました。
なので、それっぽい写真を。
210404-10.21.51_0007_ftre.jpg

2021.4. 2 14:46

冬ツアーはいつまで?

4月になりましたね。
現在のニセコの積雪量(残雪量)のお知らせです。
※ちなみに車で道路を走っている分には雪はまったくありません。日中であれば夏道と一緒です。


町から10分程度の森の入り口駐車場周りで……
210401-16.33.52_0004_ftre.jpg


210401-16.31.32_0002_ftre.jpg

約130cm。
街中や車道脇なんかを見るともっと少ないけども、森の入り口ではこのくらい。
当然、斜面の向きや地形によって増減するので、およそ1m前後と言えばいいでしょう。


車で20分程度、ちょっと標高を上げたダケカンバ林などに行くと……
210402-12.00.33_0002_ftre.jpg


だいたい2mという所でしょうか。
さらにスキー場上部や五色温泉(標高750m)付近であれば、まだ4mを超えています。


じゃ、「この雪がどのくらいのペースで減っていくのか?」という問題なんだけど、こればっかりはこれからの気温と太陽の活躍次第なんでムズカシイのですが……
雪解けのペースが速い年で、4/15までの二週間で1m程度減っていってます。
遅い年は二週間かけても10cmしか減らない、という年もありました。


まぁとりあえず、4月半ばまでは問題なく冬ツアーを楽しめそうです。
私のツアーでは、例年4月20日くらいで冬ツアーを終了としています。
この時期ではさすがに本州では雪のイメージが全くないだろうし、北海道内の多くの地域ですら雪のイメージがなくなるせいか、お申し込み・お問い合わせがなくなるので。


だけど実は、お問い合わせ次第・タイミング次第でもっと先でもイケますよ。
雪が少なかった去年ですら、5月8日になってもスノーシューで歩いてましたし。
ただ4月下旬以降ともなると、その年の残雪量や道路の除雪状況、当日の天気、ツアー時間など複数の条件が合わないとイケないので、柔軟に動ける地元・近郊の方向けになってしまいます。
今年はどうなるのでしょうね。


(2020年5月8日)
200508-11.21.28_045_ftre.jpg

バックナンバー
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年