2011.12. 5 18:07

「スノーランブラー」

snowramb0.jpg

snowramb1.jpg


スノーランブラーとは、『雪の森をゆっくりと楽しむための自然散策用スキー』


「ゆっくりなら、もっと楽しめる。」
「とにかく、滑りすぎないスキーを。」


というコンセプトで、自然ガイドが自然をみるために作ったスキーです。
(※特別に加工して作った道具なので、一般的な商品にある「スキーシュー」「スノーハイク」とは違うものです)
スキーが出来る人のための、「滑るためのスキー」ではありません。あくまで自然を “みる” ためのスキーなんです。


板の裏面に特殊な加工を施してあるため、
 ・森の中の軽い上り斜面はそのまま登れて
 ・下りは適度にスピードを抑えながら滑ってこれる
という、スグレモノ。


また、スキー板は短く・軽くなっていて、固いブーツも必要ないので、
気軽に遊びながら・観察しながら散策できます。


よほど急な斜面でなければ、滑っていてもスピードがどんどん増していく、ということがなく、
「スキーが苦手・怖い」という人にも楽しめます。
まさに、“冬の散策のため”の新しいアイテムなんです。


―「自然をみながらゆっくり歩くことが好きな方」
―「写真を撮るために冬の森に入りたい方」
―「スノーシューよりも少しアクティブに、もっと行動範囲を広げたい方」・・・などにぴったり。


冬の森歩きの楽しさに、ちょっとだけスキーの「滑る楽しさ」をプラスして楽しめます。
※当ブログでの過去の紹介記事
→「ニューアイテム」
→「スノーランブラーの性能は?」




スキー裏面の特殊加工(オリジナル形状のステップソール)。
多少の登りなら、一般的なシール加工よりもスイスイ登っていけます。
シールのように、落ちている枝を踏んでしまった―、なんて気を使わなくて使用できます。
下りも適度なブレーキがかかりながら滑っていくので安心です。
snowramb2.jpg


踵が自由に動くので、スムーズに歩くことが出来ます。
平坦な所は、スノーシューよりも楽チン。
snowramb3.jpg

クロスカントリースキーや、テレマークスキー(ステップ付きテレマーク+3ピン)とも全然違う新しい道具です。
冬の新たな遊び道具にいかがでしょう?


●コメント一覧
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






野外道具
「エバーブレスフォトン新調」
「ベストというベストチョイス」
「Ftre手ぬぐい」
「散策バッグ」
「カメラ運用~3」
「カメラ運用~2」
「カメラ運用~1」
「カメラ運用」
「気楽な冬靴」
「New」
「小物入れ」
「レンタル用冬靴」
「新調!」
「冬グローブに」
「エバーブレスフォトン」
「良さげなサブバック」
「野帳~その2」
「温かい幸せ」
「GPS~Garmin eTrex30・・その2」
「GPS~Garmin eTrex30」
「インナーシャツ」
「山シャツレイヤリング」
「植物写真用カメラ」
「自然とデジタル~その3」
「自然とデジタル~その2」
「自然とデジタル~その1」
「さらば!汗冷え」
「ミッドシェルのすすめ」
「カメラ考」
「いい道具の要素」
「野帳」
「スノーランブラーの性能は?」
「冬靴」
「スノーシュー」
「スノーランブラー」
「ニューアイテム」
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年