2020.1.18 17:10

「マイクロ・パフ・フーディ」

日頃サポートして頂いているpatagoniaさんから今シーズン、マイクロ・パフ・フーディを入手しました。
5年ほど使った薄手のインナーダウンがへたりまくってきて、だけどこの手のウェアは冬の間ほぼ毎日のように着ているので新調です。


一昨年、この ”マイクロ・パフ” のベストを新調しましたが、これが春と秋の山歩きや調査仕事にすこぶる調子がいい。

--2018.11.30--
今年まで、昔に購入した patagonia製のパフボール・ベストというものをずっと使っていました……


化繊だけど、ダウンにも負けないほどの暖かさで、ダウンの弱点である水濡れに強い。
ベストなので腕上げもスムーズで、重ね着もしやすい。


これに、冬~厳冬期用に袖付き・フード付きがあれば、さらに使い勝手がいいかな、と。
patagonia マイクロ・パフ・フーディ
84030_BALB.jpg


純粋な暖かさを重視するならダウンに軍配が上がりますが、動きながらの丁度いい暖かさと重ね着での動きやすさ、何より軽い着心地はスバラシイです。
今年から、名前の似た『マクロ・パフ・フーディ』という新製品も出ましたが、私には暑すぎそうなのとお値段が……。試用する機会があれば着てみたいですが。


マイクロ・パフ・フーディは、ちょっとした場所ではアウターとして着ても―、山ではアウタージャケットのインナーとしても着ることが出来ます。そんな使い方がいいかもしれません。


風雪に備えてフード付きを選びましたが、フードのフィット感もキツすぎずユルすぎず、視界良好でバッチリです。
冬~厳冬期を通して使えますね。


縫製で裏地まで針が通っているので風にどこまで強いかがまだ分かりませんが、その点は『ナノ・パフ・ジャケット』の方が防風性は強そうです。
稜線の吹きさらしに立たない限り、気にするほどでもないかと思いますが。


メーカーによると、重量あたりの保温性はpatagonia製品の中でトップクラスのようで、確かに軽い!これが超快適。こんなに軽いのに暖かい!
袖や裾によくあるプラスチックの部材などはひとつもなく、肌当たりもいいです。
左のハンドウォーマーポケットを裏返すと収納出来るようになっており、こんなふうに持ち歩くことも出来ます。
200111-09.32.17_001.jpg


注意点としては、やっぱりサイズ感。patagoniaのサイズ感は私にはいつもムズカシイ…。170cm66kgの私には、Sサイズでいい感じでした。
こればかりは人それぞれなので、まずは店頭で試着することをおすすめします。


今年の冬からは毎日着ています。

●コメント一覧
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






野外道具
「マイクロ・パフ・フーディ」
「ワタシ的、散策スノーシュー選び」
「フィールドワーカー的レンズ」
「エバーブレスフォトン新調」
「ベストというベストチョイス」
「Ftre手ぬぐい」
「散策バッグ」
「カメラ運用~3」
「カメラ運用~2」
「カメラ運用~1」
「カメラ運用」
「気楽な冬靴」
「New」
「小物入れ」
「レンタル用冬靴」
「新調!」
「冬グローブに」
「エバーブレスフォトン」
「良さげなサブバック」
「野帳~その2」
「温かい幸せ」
「GPS~Garmin eTrex30・・その2」
「GPS~Garmin eTrex30」
「インナーシャツ」
「山シャツレイヤリング」
「植物写真用カメラ」
「自然とデジタル~その3」
「自然とデジタル~その2」
「自然とデジタル~その1」
「さらば!汗冷え」
「ミッドシェルのすすめ」
「カメラ考」
「いい道具の要素」
「野帳」
「スノーランブラーの性能は?」
「冬靴」
「スノーシュー」
「スノーランブラー」
「ニューアイテム」
バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年