2012.8.17 19:35

「いい道具の要素」

テント泊など、多くの荷物で長い間歩く場合、大型のザックが必要となります。


今年もずいぶんと悩みました・・・。
というのは、ワタシの大型ザックはこれ。
120815%20004.jpg


120815%20003.jpg


好日山荘(山道具専門店)のバイレスザック。90 リットル。
とある中年山ヤさんに、思わず、
「うわぁぁ~、懐かしぃぃ~」
と唸られてしまったザック。
ということは、ワタシもすっかり中年ということか!?
かれこれ20年以上使っているもので、いまだ現役なのです。


パットもヘタっていて、ザック自体の重さも今のものとは比べものにならないほど重い。
しかもコンロやテントなどの各道具がよくなっている今は、たかが数泊の山行なら
これほど大きなザックは必要なくなってきています。
何より、今となってはこのザックに満載して歩き続ける自信もありません(笑)


とはいっても、使い勝手がすこぶる良く、頑強な作りで安心して使え、
チャックやベルトの類もいまだトラブルは一度もなし!小さな破れすらなし!
なかなかの名品なのです。
どうも買い替える気にならず、今年もこれで日高に行って来ました。


このザックで北アルプスや南アルプス、八ヶ岳・・・などなどのテント山行、
さらには、1ヶ月以上に及ぶ “歩き旅” もこのザックと共にありました。


ワタシにとっての道具って、機能性・使い勝手などとはまったく別問題のレベルで、
“愛着” という要素が大事なんです。
「使い勝手のいいモデルが発売されたら買い替える」
という経済力がないこともあり、こんな “愛着” を理由に使い続けている道具がたくさん。


野外道具では、「愛着をもって使える」道具を選ぶことも、とっても大事かと思っています。


とはいっても、野外道具は命に関わるモノ。
楽しむためにはある程度の余裕も必要です。


“現代の機能性” を重視して新しいモノを使い、出来るだけ余裕をもって楽しむことも大事。
“愛着” のある道具、使い慣れた道具を長く使い続けるのも大事。
「ボチボチ買い換えた方がいいかなぁ~」と悩みまくりの日々なのです。


そんな悩みも、道具の楽しいトコロ。ということで。

●コメント一覧
●コメントを投稿

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






野外道具
「エバーブレスフォトン新調」
「ベストというベストチョイス」
「Ftre手ぬぐい」
「散策バッグ」
「カメラ運用~3」
「カメラ運用~2」
「カメラ運用~1」
「カメラ運用」
「気楽な冬靴」
「New」
「小物入れ」
「レンタル用冬靴」
「新調!」
「冬グローブに」
「エバーブレスフォトン」
「良さげなサブバック」
「野帳~その2」
「温かい幸せ」
「GPS~Garmin eTrex30・・その2」
「GPS~Garmin eTrex30」
「インナーシャツ」
「山シャツレイヤリング」
「植物写真用カメラ」
「自然とデジタル~その3」
「自然とデジタル~その2」
「自然とデジタル~その1」
「さらば!汗冷え」
「ミッドシェルのすすめ」
「カメラ考」
「いい道具の要素」
「野帳」
「スノーランブラーの性能は?」
「冬靴」
「スノーシュー」
「スノーランブラー」
「ニューアイテム」
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年