2017.3.14 21:39

「小物入れ」

今日は札幌へ、夏装備の買い出し。


買い出しといっても今年は大きな買い物はなく、こまごまとした小物ばかりですが、こういう小物の方が自分に合ったものがなかなか見つからないものです。


私、ツアーの時でも、個人的にどんな山に行く時でも、常にザックに入れているものに「救急用品セット」と「山セット」なるものがあります。
それぞれを防水袋に入れて、どこへ行くにも常にこのふたつの袋を持ち歩いています。


救急用品セットは、ガイドなので当然、一般の人よりもかなりしっかりめなセットになっています。
山セットは、ヘッドライトやコンパス・ナイフなどの一般的な装備の他、道具の多少の不具合にも対応できるように色々なものが入っています。
ツアーだろうが、個人的山行だろうが、調査仕事だろうが、基本的に常に持ち歩くセットです。


ガイド同士で話していても、「ここに何を持っていくか」にそれぞれの経験が反映され、とても面白いところでもあります。


その山セットの、(中身ではなく)“収納袋” がずっとイマイチでした。


今までの収納は、小さなスタッフバッグに小分けにし、さらに大きいジップロック袋で防水をする、というやり方。
中身が見えていいのですが、出し入れがしにくい。
当然、ジップロックは破れる。


山セットからものを出す時はたいていさっさと取り出したい時なので、出し入れに手間取ると、ものをなくしたり・落っことしたり、イマイチ機能的でありません。


そこで今回、良いのを見つけました。

→イスカ ウェザーテックポーチ

2017-03-14%2021.06.08_001.JPG


横開きの防水ジッパーで、重量も軽く、シンプルな作り。
カヌーのドライバッグのような完全防水ではありませんが、充分な防水(撥水)性能。イメージ通りです。


私の場合は、収納する装備もそこそこ多いし、出し入れのことを考えると収納袋自体に余裕が欲しかったので、大きめの「ウェザーテックポーチ5」を買いました。小物入れとしてはかなりゆったり大きめですが、生地自体が柔らかいので、中身が少なければクチャクチャにしてザックにしまえるのもGOOD。
自分に合わせて選べるサイズバリエーションも良いですね。


横開きというのが、もう最高。
中身が一目瞭然、すぐに取り出せます。
こんな小さなストレスをなくすことが、意外ととても大事だったりします。
2017-03-14%2021.06.49_002.JPG


シンプルなつくりな分、他にも色々な使い方が考えられるので、おススメですよ。

《コメント一覧》
《コメントを投稿》

投稿ボタンを押してから、投稿完了までしばらく時間がかかります。
投稿完了後、管理者が承認するまではコメントは表示されません。






野外道具
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年