2019.12.27 14:36

冬の中へ

もういい加減、何度「冬」だの「雪」だの言っているのでしょう。
なにせ、先週までまったく雪のないスギ林やらヒノキ林やらをルンルン気分で歩いていたので、いきなりマイナス5℃やら10℃やらの中に放り込まれた感があります。
「おまえのホームはこっちだろ」と首根っこを掴まれました。


そんな仕打ちに軟弱なワタシは、帰ってきてからそうそうに風邪をひいてしまって2日ほど寝込み、やっと復活。


とはいえワタシ、
別に―決して―雪が嫌いなわけではないので、雪を求めてこんな場所を歩いてました。
半日ツアーでは行けないけど、一日ツアーなら行ける場所。
191226-11.09.25_040.jpg


191226-10.31.59_009.jpg


191226-11.06.05_033.jpg


もう少し太陽が出てくれればもっとインスタ映えする写真になったのに。
インスタやってないけど。

2019.12.25 14:18

雪の経過報告です。


この数日で少し積もりましたが、まだまだ例年には程遠い積雪量。
191225-11.27.23_002.jpg


森の中は積もるペースが遅いとはいえ、私の経験上、この時期になってもここまで笹が出ちゃっているのは、この20年で初めてのことです。
ゲレンデを滑るには問題ない雪の量となっていますが、スノーシューで森の中を自由に歩くにはもう少し欲しいところです。


少し標高を上げれば、まだマシなんだけど、↓
191225-12.02.00_004.jpg


スノーランブラーには少なすぎ。まいった…。


除雪が少なめで生活は楽でいいんだけど、ガイド仲間同士ではツアーをする場所に困ってます。
帳尻合わせのようにドカっと降られても困るけど、いい加減もっと降ってくれい。

2019.12.23 16:27

雪少し

今年は今のところ、雪少なめ。


去年は、12/11にすでに屋根に登って除雪していたようなのに↓、今年はそんな必要はなし、です。
(2018.12.11)
2018-012-11%2010.36.31_003.JPG


一昨日に羊蹄山麓の積雪量を見に行ってみたら、まだこんなにササが出てました。
191221-11.12.00_004.jpg

だけど、今日も一日中しんしんと降っているし、これから年末に向けてしっかりと降り積もるでしょう。これからに期待。


スノーシューツアーは場所とルートを選びながら催行しますが、スノーランブラーのツアーは年明け以降からになりそうです。

2019.12.19 18:58

締め近し

北海道に帰って来ました。
だけど、まだニセコには帰れません。
フェリーで苫小牧に上陸したら、そのまま苫小牧でホテル泊まり。翌日学校に行って、またホテル泊まりで講義をやっています。
なんだかずっと外泊が続いてます。


学校も年内最後の講義となりました。年明けも試験やら卒検発表やら卒業式やらで、残す講義はあと数回しかありません。


8年ほど前に初めて講師の打診を頂いたとき、
「植物の専門家は札幌にヤマほどいるのに、学問として自然を勉強したことのないワタシなんかでいいのでしょうか?」と尋ねたら、
『専門家でなくとも、フィールドを人以上に歩いていて、今現在プロガイドとしてお客さんの前に立っていて、さらに自然ツアーだけを生業として長くやっている人って、ヤブキさんしかいないですから』
なんて、嬉しい評価を頂きました。


それならば…と、
「専門家には出来ない、現場の自然ガイドだから教えられることって何だろう?」
ということを、たくさん考えました。


自分が思う、自然のみる楽しさや難しさ―、自己解決のための方法―、そもそも何のために識別し勉強するのか―、それを”ガイド技術”としてどう伝えるのか―など、2年間の講義(フィールドワーク)の間で学生に出来るだけ感じてもらえるよう、あえて持論展開しまくりの講義をしています。
自然ガイドの技術って他の講義内容と違って絶対的な正解がない部分が多いので、講師が正しいと思っている持論の展開となりがちなのですが、そんな ”正論” とそれを ”仕事として続けるために正論だけでない部分” とのバランス感覚が必要です。そこがムズカシイ。
そこいら、講師の個性を出しすぎているかもしれません……(笑)


これにさらに、ガイド技術としての安全管理やインタープリテーション、プログラムの作成方法まで。


これらの部分は、今までガイド講習会や後輩などに教えることは少なからずありましたが、学校の授業ほど話したことは一度もありません。
通常はさらっと、触りだけ。
(※手を抜いているわけではなく、中途半端になるくらいならあまり深く話さずに一般論を話した方がいい、という判断から)


学校は2年間毎週なので、これが出来ます。しかも評価付き。「評価される」って、とても大事ですから。


なので、唯一のワタシ的ガイド論を展開出来る場になってます。


若かりし頃に、
『自然観察とは理科のためのものではない それは事物に対する態度を養うことである』
なんてことを言われたことがありますが、その頃はさっぱり意味が分からんかったワタシ。


2年間で勉強した知識や技術だけでなく、考え方や姿勢までもが、卒業後の様々な場面で役立つといいのですが―。
そんな期待感とともに、学生に対して自分はそんな手伝いが出来たのか、という責任を改めて感じてしまう年末です。


2019-12-08%2015.58.20_611.jpg

2019.12.15 20:39

色々とまだ

まだ群馬に出張中です。
写真は数十年ぶりに見た、谷川岳。
相変わらずカッコいいです(写真があまりキレイでなく残念)。
2019-12-11%2014.28.10_570.jpg


こっちにいる間はニュースになるほど暖かく、ポカポカの毎日です。
北海道人からすると、10月あたりに逆戻り。ラッキーです。


だけどニセコも気温が高い日が多く、雪ではなく雨が降ってしまう日も多いようで、雪がなかなか良いコンディションになりません。


あと3日ほどでこちらの仕事は終わりますが、家には帰れずそのまま学校の講義でまた泊まり。
今週末にやっと自宅に帰ります。
天気予報によるとその頃からやっと真冬日の毎日になるようで、雪かさが増していきそうです。
ツアーはその後からとなりそうです。


暖かい日が続くのも気持ちがいいですが、やっぱりニセコの冬は降るもの降らないとイカンですね。

最近の投稿
談義ツアー
冬らしく
「ゲジゲジシダ顛末記」
雪を求めて
「マイクロ・パフ・フーディ」
充実の二日間
こんなの見た
一段落
文句なし!
「ワタシ的、散策スノーシュー選び」
ニセコらしさ
映え
ニセコらしい元旦
大晦日
年末
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
「ゲジゲジシダ顛末記」
 ┗ ゆたか  1.22 2020:01:22:17:32:04
 ┗ Ftre-zen  1.22 2020:01:22:17:40:33
文句なし!
 ┗ M.H  1.13 2020:01:13:18:26:55
 ┗ Ftre-zen  1.13 2020:01:13:21:48:04
「ワタシ的、散策スノーシュー選び」
 ┗ 瀬田川 ナツキ  1.08 2020:01:08:20:05:36
 ┗ Ftre-zen  1.08 2020:01:08:20:12:07
大晦日
 ┗ mizu  12.31 2019:12:31:17:16:49
 ┗ Ftre-zen  12.31 2019:12:31:17:38:22
「フィールドワーカー的レンズ」
 ┗ 瀬田川 夏樹  12.06 2019:12:06:21:21:20
 ┗ Ftre-zen  12.07 2019:12:07:07:07:50
 ┗ 瀬田川 夏樹  12.07 2019:12:07:14:19:57
 ┗ Ftre-zen  12.07 2019:12:07:15:33:48
バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年