2020.8.20 20:40

無題

エビガライチゴ
200728-09.27.50_0001.jpg


ススキの秋めいた風景よりも盛夏のヤマアワの風景が、個人的には好みです。
200728-13.42.45_0002.jpg


コグリ(小栗)がいた。
200728-17.02.27_0003.jpg


ブナと光が素晴らしかった。
200728-16.58.11_0001.jpg

2020.8.18 15:38

擬態語

『ヤブキさんって、擬態語が多いですよねー(笑)』
って、よく言われます。


そういえば、つい先日もブログで―、


トリアシショウマの花のぽよぽよ。
200728-11.34.45_0006.jpg


なんてことを書きました。


先日はイヌワラビを見つけて、
「イヌワラビって、シャギシャギ感が格好いいっすねー」と言い―
200801-14.10.36_0001.jpg


こんな森を見たら、
「ゴチャゴチャに生えている感じだけど、ハイイヌガヤなんでガヤガヤっすねー」
なんて話してました。
200803-13.46.40_0001.jpg


ちょっとバカっぽい。

2020.8.16 15:23

科学と感性

自然の個々の名前を知って森全体の姿を理解し、自身の新たな知的好奇心を刺激して……そんな科学的な ”目” で自然をみるのは楽しいものです。


しかし、純粋に美しさを愛でて感動して、感性のおもむくまま自然をみて……という感性的な ”目” で楽しむのもこれまたいい。


さらには、体力と技術と知性をフル活用して、自然にチャレンジするという姿勢もいいですね。


自然の楽しみ方は自由がいい。自由でいいんです。


ガイドを生業にしている私としては、 ”個人的にはこういう楽しみ方が好き” という部分を大事にしつつも、”ガイド技術的な幅” という意味では様々な楽しみ方に長けていた方がいいに決まっています。
感性に長けているタイプではない私は、感性をもっと育てたい、なんて常々思っておるわけで、どうすれば感性って育つものなのか、ここ数年のテーマでもあります。


感性で楽しむタイプのお客様と、感性で自然をみるツアーでした。
200808-13.07.41_0001.jpg


200808-13.51.26_0002.jpg


200808-13.57.36_0003.jpg


200808-11.40.35_0001.jpg

2020.8.14 12:46

ナニワズ

ナニワズは、春一番に黄色い花を咲かせます。


(2020.4.11胆振地方)
200411-11.41.32_0001.jpg


このナニワズ、ちょっと変わった生活史を持っていて、カタクリなどの春植物並みの早い時期に花を咲かせたら夏に葉を落とし、秋に新葉を作るとそのまま雪の中で越冬します。


なので、夏のナニワズを見つけることは難しいんです。
花を咲かせていた場所を知っていればそりゃ分かるけど、あるかどうかも分からない中、草木が生い茂った森の中で葉をつけていないひょろ~っと出ている枝だけを見つけるのは、なかなか難易度高め。


実をつけていたので、何とか見つかりました。
夏の日差しの中のナニワズ。
200808-14.14.49_0004.jpg

2020.8.11 20:45

くりりん

ドラゴンボールのクリリンではありません。
くるりとしている三種。


タチギボウシ
200729-10.44.19_0002.jpg


ミヤマホツツジ
200729-10.38.34_0001.jpg


オオヤマサギソウは唇弁がくるり系。
200730-12.59.02_0003.jpg


ネイチャーツアー的な話しの広がりはありません。
『だから何よ』とツッコまないで下さい。

最近の投稿
昔を思い出して
マママ
ガイド仲間と
秋の川
キクイモ
猫じゃらし
ミサゴ
ヤマセミ
夏の花
黄色
神仙沼にて
霧の森
可愛らしい
小さく深く
楽園はエグい
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
霧の森
 ┗ タクミ  8.29 2020:08:29:10:17:48
 ┗ Ftre-zen  8.29 2020:08:29:11:55:40
 ┗ タクミ  8.30 2020:08:30:18:30:01
 ┗ Ftre-zen  8.30 2020:08:30:18:44:47
モミジバショウマ
 ┗ 小笠原  8.24 2020:08:24:17:21:14
 ┗ Ftre-zen  8.24 2020:08:24:18:36:45
 ┗ 小笠原  8.24 2020:08:24:20:08:52
楽園はエグい
 ┗ 瀬田川  8.22 2020:08:22:18:50:34
 ┗ Ftre-zen  8.22 2020:08:22:18:55:28
くりりん
 ┗ mizu  8.15 2020:08:15:12:55:02
 ┗ Ftre-zen  8.15 2020:08:15:20:17:53
何気ない自然美
 ┗ ゆたか  8.06 2020:08:06:11:57:02
 ┗ Ftre-zen  8.06 2020:08:06:13:29:33
バックナンバー
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年