2019.4. 1  1:09

まだイケる

2月末~3月中旬までは例年にないほど暖かい日が多くて、「今年は雪が早くなくなっちゃうな……」なんて思っていましたが、3月中旬からずっと気温が低かったせいか、思ったほど減ることはありませんでした。
只今、山麓で120cm、少し標高を上げた場所(450m付近)であれば160cmほどの残雪量です。


羊蹄山麓
2019-03-31%2010.37.36_005.jpg


標高450m付近
2019-03-31%2010.58.42_009.jpg


先日のツアーでは、新雪も積もって真っ白い雪面が蘇り、キレイな雪景色でした。
2019-03-28%2010.41.54_285.jpg


4月になってトップページの写真は春爛漫にしちゃいましたが、冬のツアーは4月半ばまでは大丈夫そうです。
あっ、ウソじゃありません。

2019.3.30 16:27

一段落

今週はずっとコイツ↓が悩ましかった。
2019-03-29%2013.09.09%20www.windy.com%202f956a3b01e6.jpg


落ち着いてきた昨日の段階でも、なかなか極悪な絵面です。
4~5日近くかけてゆっくりと北海道の近くを移動するもんだから、ずっと強風が続いてました。
しかも、真冬の寒気を引き連れてるから寒いし。


そんな中でもツアーの毎日。
ニセコでのツアーにこだわらないお客様だったので、上手く隙間を突いて移動して、花や鳥なども見に行ってました。


「コクガンが見てみたい」ということで、まずは海鳥探しをしていたら、最初にいた(笑)
2019-03-27%2010.40.54_233.jpg


しかもクロガモとのツーショット。
2019-03-27%2010.29.30_174.jpg


しかもクロガモ繁殖中。奇跡的なシーンに遭遇できました。
2019-03-27%2010.28.24_144.jpg


2019-03-27%2010.27.45_115.jpg


フクジュソウが咲いて春の装い。
2019-03-27%2013.55.38_261.jpg


2019-03-30%2010.45.33_014.jpg


アズマイチゲはもう少し。
2019-03-27%2014.28.37_275.jpg


暴風のニセコから逃げて正解!

2019.3.28 17:01

冬?

この日も強風&雪のち雨。最近、こんな天気ばかりです。
だけど雪の森がキレイだったので、森の入り口で写真を撮って木を観察していたら、それだけで一時間近く過ぎていました。
2019-03-26%2009.46.42_004.jpg


気温が上がるに連れて雨混じりになってきたので、鳥のドライブセンサス(車で流しながらの鳥調査)。
要は車内での鳥見です。
ミヤマガラスを始め何だかんだと色々な鳥を観察でき、クマタカまで!
見てみるものです。


そんなことをしていたら読みどおり天気が回復してきたので、スノーシューを履いてプチ・スノーシューツアー。
時折日差しが差す、キレイな森でした。
2019-03-26%2015.12.01_012.jpg


冬のような春のような、スノーシューツアーのような鳥見ツアーのような、なんでもアリな一日でした。

2019.3.26 17:45

春の自然観察

独立してから7~8年、春に「鳥見の会」と称して5回シリーズの鳥の観察会をずっとやっていましたが、ここ3~4年は諸般の事情により開催していませんでした。


だけど、4月から5月に申し込んでくれるお客様は「○○を知りたい!覚えたい!」という方が多く、そんな要望から鳥やら樹木やらの観察会(ツアー)を毎年個別にやっていました。


そこで今年は、「春の自然観察会」の枠を作り、新ページを新たに作ってみました。
独自に10年以上取り溜めているニセコの調査データも積極的に活用し、半日とはいえ濃密なツアーを目指します。

--2018.3.26--
鳥の観察から声で聞き分けるコツ・春植物の観察まで、じっくりと観察して知るにはぴったりです……


より深く知りたい・見たいという方は、今までどおり「1dayフリーツアー」がオススメです。
また、他地域での観察会も全道どこでも募集中ですので、是非ご相談下さい。
2019-02-19%2011.49.18_094.jpg

2019.3.23 13:14

気づかれにくい危険

2019-03-24%2012.51.42_013.jpg
私のツアーでは、「天気が悪いから」とか「体調がイマイチだから」などのお客様のご都合でツアーが中止になることはあっても、私の方から中止にすることは年に2~3回程度しかありません。
「私の方から」というときは安全上問題がある場合のみなので、普通の天候不順ならお客様のやる気と装備が十分であれば、あとはガイドの工夫次第でたいていは何とかなります。


しかし年に数回は(特に冬~春は)、私が独自に設けている催行中止基準に抵触する日があったりして、泣く泣く中止のご連絡をすることがあります。


特に怖いのは風。
大雪や気温などで中止にしたことは今まで一度もありませんが、風での中止は稀にあります。
2019-03-23%2017.32.10%20www.windy.com%2044dde1a65a66.jpg
特に春先は、まだ木の活動が活発でない上に積雪で弱くなっている枝が多く、着雪がなくても少しの風で枝が折れて落ちる “落枝(らくし)事故” の危険が増えます。
そんな危険は森の中を歩き続ける自然ツアーに特有の危険かもしれません。
過去、本州の複数の場所で、森林散策中の落枝事故で亡くなった方もいます。怪我やヒヤッとした事例を含めれば、潜在的にかなり起きている事故なのです。


ワタシも一定のラインまでの風なら、
「森の中は風が当たりにくいのでイケるものですよー」
なんて言うこともありますが、あくまで“一定のライン”までです。


そのラインを超えると、目立った危険なんてなさそうに見えても、風のあたり具合によって・森のタイプや樹種によって、ツアー場所の選定からルート取り・立ち止まる場所に極端に気を配る必要が出てきます。
しかも、森林内にいるせいで身体に当たる風はかなり弱まるのがタチが悪い。森の上部の強風を体感出来ないので、気づくのが遅れます。さらに冬は木々に葉がないので、風で森がざわつく音も弱い。これも気づきが遅れる一因となります。


そんなふうなリスクバランスを踏まえた上で、天気に悩んで場所に悩んで実施出来る可能性を探り、結果、こちらから中止にしたときに限って、当日になってみると結果的に「出来たよねー」となるのもよくあること。ガイドあるある。


しかし、ガイドが結果論を論じることはご法度。
結果論を話し出すと安全管理に対するアンテナに“サビ”が入り、ひいては事故が起きるものです。そう自分に言い聞かせるしかありません。


今日は、やっぱり昼から荒れてきました。朝の穏やかな天気に騙されて森深く入っていたら、ヒヤヒヤしているところでした。


ワタシにとっては日々のツアーのうちの一回でも、お客様にとっては年に一度あるかないかのご旅行でのツアーです。
日々、天気の読みやツアーバリエーション・対応の柔軟性などの引き出しをより増やし、判断の精度を上げ、皆様の大事な一日が流れぬよう精進しますので、末永いお付き合いをよろしくお願いします。

最近の投稿
霧の中
いつもとちょっと違う
清掃登山
夜露じゃなくて…
「遊歩道のあり方を考える」
コフタバラン
ツミ
モミジバショウマ
6月からスタート
北海道産スギラン
北海道産シノブ
鳥見&花見
今の神仙沼
東北遠征~森編
東北遠征~水編
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
いつもとちょっと違う
 ┗ mizu  6.14 2019:06:14:18:50:51
 ┗ Ftre-zen  6.14 2019:06:14:19:59:39
鳥見&花見
 ┗ kamina  6.14 2019:06:14:06:34:39
 ┗ Ftre-zen  6.14 2019:06:14:07:59:37
夜露じゃなくて…
 ┗ mizu  6.11 2019:06:11:18:12:46
 ┗ Ftre-zen  6.11 2019:06:11:19:00:31
ツミ
 ┗ ゆたか  6.03 2019:06:03:12:10:54
 ┗ Ftre-zen  6.03 2019:06:03:17:02:47
北海道産シノブ
 ┗ ゆたか  5.26 2019:05:26:11:17:49
 ┗ Ftre-zen  5.26 2019:05:26:17:34:04
バックナンバー
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年