2021.3.13 15:55

風物詩

農家さんは、春が近づいてきて晴れる日が増えてくると、畑の雪解けを早めるために炭を撒きます。


ウチの周りは畑に囲まれているので、家の周りの白い雪が黒い雪に変わると春を感じます。
210311-12.50.57_0003_ftre.jpg


そして……


雪の少ない噴火湾方面ではフクジュソウが咲きだしています。
今年、初めて見る花です。
花を撮るにはレンズを用意していなかったので手持ちのもので無理やり撮ってみたけど、これ以上寄れず…やっぱり花を撮るには絵的にちょっとね~、などとひとりブツブツ言って写真を撮っているのも春らしい。
210313-11.45.23_0004_ftre.jpg


誰も歩かない散策路なせいか思いのほか雪が残っていて、まだ数輪しか咲いていませんでした。これからこれから。
210313-11.52.15_0007_ftre.jpg


さらに……


気配がすると思ったら……いた。
210313-12.01.43_0005_ftre.jpg


クマゲラが遊んでくれました。
210313-12.08.00_0098_ftre.jpg


ニセコのスキー場では山麓の最下部でもまだ2mを超える積雪量で、上部では4.7mの雪。
だけど、車を1時間ちょっと走らせれば、春。
午前中はゲレンデで仲間たちと滑り、午後は花見と鳥見を楽しめます。
いい季節になりました。
私にとってのトップシーズンがやってきています。

2021.3.11 12:41

サングラスのすすめ

先日のスキー帰りのワタシ。
210309-13.50.12_0023_ftre.jpg


スキーを滑る時には服装の他にゴーグルやヘルメットが必要ですが、ツアーでは風を切るわけではないのでゴーグルは基本的に必要ありません。
当然ヘルメットも必要ありませんよ。(防寒という意味ではニット帽以上に無敵なので、ヘルメットでのご参加でも全然OKですが)


ただ、雪の上での紫外線の反射率は80%程度ととても高く、晴天率が上がってくる3月以降は目を守る意味でゴーグルやサングラスがあった方がいいかもしれません。
眩しさを感じやすい人はある意味で安全ですが、そこいらが鈍い人(私)は、夕方あたりに目がチカチカしちゃうこともありますから。
2016/3/21 ブログ「雪の中の紫外線にご注意!」


ピーカンの日のツアーってとても気持ちがいいけど、そこはグッと冷静に、サングラスかゴーグルの用意をお忘れなく。
210307-11.46.37_0043_ftre.jpg

2021.3. 8 15:21

冬と春

一日中マイナスの気温で推移する日を真冬日といいますが、冬のニセコではプラスの気温になることの方が珍しいものです。(ここ数年は、真冬に何度かプラスの気温になることも増えたような気もしますが)


しかも、真冬に一日中晴れ渡るなんてことは滅多になくて、たいてい
『雪が―
・シンシンと降っている
・パラパラと降っている
・ガンガンと降っている
・横殴りに降っている
・降りそうで降らなくて…やっぱり降ってきた』
あたりのどれかの言葉を使えば、だいたい冬の天気を表現出来ます。


この日もやっぱり真冬日。
前日の夜までシンシンと降っていたので森の中は新雪で真っ白となり、冬の風景。
だけども日中は晴れ!文句ない青空!
日差しが暖かく、体感気温はポカポカ。
しかも一日中無風というのも、冬にはなかなかありません。


冬と春が共存している雰囲気です。


そんななか―、


森の美を鑑賞中
210307-10.48.11_0013_ftre.jpg


一本の樹木の存在感を堪能中
210307-11.25.22_0028_ftre.jpg


入浴中
210307-11.24.27_0024_ftre.jpg


こっちでも入浴中
210307-11.27.13_0030_ftre.jpg


木と対話中
210307-11.59.05_0064_ftre.jpg


空気と対話中
210307-11.45.39_0039_ftre.jpg


210307-11.46.14_0042_ftre.jpg
半日以上歩いていたのに動植物の名前はほとんど話していなくて、自然ツアーっぽい解説をあまりしていません。。。
それでも自然をみる楽しさとフシギに迫り、自然の美を愛でるツアーでした。

2021.3. 5 15:15

なんだっ⁉

2021-03-04%2018.31.57%20tenki.jp%20c621e33c8d14.jpg


ってなくらい、暖かい日。
朝からプラスの気温で日中はなんと10℃!
一ケ月以上先の気温です。


先日の嵐の後のゲレンデは、まぁテクニカルな感じで、それはそれで楽しく仲間たちと滑り―、
210303-13.47.09_0001_ftre.jpg


今日みたいに天気が良くて春めいていると、ゲレンデでの立ち話も長くなります。
リフトに乗っている間は釣りの話しやらで盛り上がり、少し滑って立ち止まっては板の滑りがどーだの、スキー道具はあれがいいこれがいいと話し合い、すっかり井戸端会議のような感じで、滑りに行っているのかおしゃべりに行っているのか分からなくなります。
毎日毎日、知った仲間と滑っていますが、みんな仕事をしているのだろうか…?
他人のコトをまったく言えませんが(笑)


こんな空気がニセコの春です。


こんな春の雰囲気は大好きなんですが、個人的にはもう少し先でいいです。もうちょっと冬の季節が続いて欲しい。
『今年はもう雪はうんざり』
という声もよく聞きますが、冬は冬でやること・遊ぶことがまだやりきれていませんから。


(一昨年の4月)
190417-10.24.32_0011_ftre.jpg


明日からはまた通常通りのマイナスの気温になり、さすがにこのまま暖かい日が続くわけではなさそうなので少し安心ですが、週に何日かはプラス気温の日が出てきて晴天率も上がって、少しずつ雪解けの季節に向かっています。
滑って遊んでばかりでは……うぅぅーヤバい……。

2021.3. 2 17:01

3月恒例?

全道的に荒れ模様のようですが、ニセコは思ったよりも荒れることなく、いつも通りっちゃーいつも通り。
でも3月に入ったばかりの頃ってどうも荒れることが多いような気がして、見直してみたら……


2018年3月2日はウチが陸の孤島になった年。
180302-16.40.01_0002_ftre.jpg


2016年3月1日も腿くらいまでの雪が一気に積もって陸の孤島に。
160301-08.27.56_0001_ftre.jpg


今年(今日)はどうやら、小樽方面から倶知安を結ぶ国道5号線と国道393号線が両方とも雪崩のために通行止めになってしまったようです。その上、JRも運休多数。なかなかの分断っぷりです。


こんな日は大人しくしているのが賢明なので、今日のワタシは、運動がてら家の除雪を2回。気温は高めなので雪が重くていい運動になります。


今年のニセコ(倶知安町)は道内でも雪が多いようですね。
個人的には、滑っているか森の中を歩いているかばかりなので、あまりうんざり感はないのですが。
(気象庁札幌管区気象台から引用・キャプチャ)
2021-03-02%2016.25.58%20www.jma-net.go.jp%20e56e710f4f3e.jpg


ウチの前の、道路脇の雪壁↓も今がピークとなりそうです。
210302-16.28.02_0001_ftre.jpg

最近の投稿
色々と
山看板
初夏へ
最後の春?
今の神仙沼
ウサギ?
無題
6月になったので
コフタバラン
独り占め
クルマバソウ
春の造形
シビアな目
踊り子シスターズ
自然の見方・深め方
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
初夏へ
 ┗ タクミ  6.16 2021:06:16:16:44:47
 ┗ Ftre-zen  6.16 2021:06:16:17:45:50
 ┗ タクミ  6.17 2021:06:17:07:16:54
無題
 ┗ mizu  6.05 2021:06:05:08:08:51
 ┗ Ftre-zen  6.05 2021:06:05:16:29:59
6月になったので
 ┗ ゆたか  6.02 2021:06:02:15:53:29
 ┗ Ftre-zen  6.02 2021:06:02:18:00:01
雪と鳥と
 ┗ タクミ  4.26 2021:04:26:09:31:15
 ┗ Ftre-zen  4.26 2021:04:26:16:13:57
 ┗ タクミ  4.26 2021:04:26:19:28:56
 ┗ Ftre-zen  4.26 2021:04:26:21:19:54
予告
 ┗ ゆたか  3.25 2021:03:25:14:45:15
 ┗ Ftre-zen  3.25 2021:03:25:16:36:13
バックナンバー
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年