2017.8. 8 18:15

ニセコの山で

台風が列島を縦断しています。
北海道では明日以降に影響が出てきそうです。


今日はまだ天気が崩れていないので、ニセコの山を歩いてました。


雲シリーズ。
2017-08-02%2010.02.53_114.jpg


2017-08-08%2010.11.41_134.jpg


2017-08-08%2010.17.43_143.jpg


2017-08-08%2010.42.50_153.jpg


2017-08-08%2010.56.05_156.jpg


2017-08-08%2010.56.11_157.jpg


2017-08-08%2010.56.29_061.jpg


2017-08-08%2011.00.45_158.jpg


強い風のせいで、刻々と変わる雲がキレイでした。
だけどもその風のせいで、稜線では寒いくらいです。

2017.8. 6 19:50

今日も

この日も1dayツアー。
「◯◯が見たい」というお客様のご要望があったので、ニセコから少し離れてツアーです。
メインはシダツアーです。


こんな美しい森を歩いてました。
2017-08-05%2012.48.50_017.jpg


2017-08-05%2013.24.34_027.jpg


時間の許す限り、ワタシの知っている場所にお連れして・・・国道脇の歩道なんかも歩いてました。道端のナワシロイチゴの実を食べながら・・・。
2017-08-05%2014.49.36_049.jpg


ヤマアワの群落がキレイでした。
2017-08-05%2015.12.44_054.jpg


エゾカワラナデシコがチカチカしてました。
2017-08-05%2015.26.38_059.jpg

2017.8. 4 17:16

1dayツアー

ニセコでの1日ツアーの日。


山は怪しげな雲がかかっているので、山麓の鏡沼湿原やその他もろもろを一日歩き回ってました。


森の中では、シャクジョウソウがたくさん生えてます。
ギンリョウソウと同じく菌従属栄養植物(腐生植物)といわれる植物で、葉緑素を持っていないためにフシギな色をした立ち姿です。コーンポタージュ色。
2017-08-02%2009.44.37_006.jpg


オオヤマサギソウも盛り。
ゾウの顔みたいなので、ゾウランと呼んでました。
2017-08-02%2009.57.15_007.jpg


アリドオシランもたくさん。立ち姿が数センチの小さな花。
2017-08-02%2013.31.20_026.jpg


狙い通り、湿原は晴れ!
2017-08-02%2011.15.34_010.jpg


湿原の中のタチギボウシはだいぶ終盤になっていましたが、そのかわりミカヅキグサがキレイです。
2015-08-16%2011-13-19.JPG


湿原散策後はこんなものを見てました。
色づき始めたツバメオモトの実。
2017-08-02%2015.32.04_031.jpg


話しながら歩いていたら、コイチヨウランを数株見つけた。
ニセコではそうそう見る花ではないので、ラッキーでした。
2017-08-02%2015.03.50_027.jpg

2017.8. 2 17:59

研修会

この日は珍しく団体の日。
ワタシひとりで40人近くのお客様です。


この人数だとさすがに通常のツアーではなく、先生方の野外体験活動の研修会です。


日常の仕事が超多忙の先生たち。
学校生活の中で野外体験活動を実施する機会があるとはいえ、先生方はそのために自然の勉強をしたり、そこに生育している動植物の識別力を磨いたり―なんてことをする時間はないでしょう。


でも、諦めちゃったらイケません。


最低限の識別力・知識の下調べで、あとはキチンとした安全管理と自然をみる楽しさを伝えるポイントなどを知り、あとは「やり方」の問題で、いくらでもやりようはあるってものです。


そんな研修会でした。


室内では出来ない、自然の中に行くからこそ楽しめる野外体験活動を、提供するためのキッカケになったでしょうか。


ワタシもいつもとは全く違うスタイルでお客様の前に立つことが出来て、刺激的でした(笑)
2017-08-01%2013.27.32_001.jpg

2017.7.31 16:06

山の花たち

先日は大雪山の北の方、いわゆる北大雪エリアを歩いてました。
ワタクシ “自然ガイド” なので、山岳エリアの大雪山山系をガイドすることはしていないのですが、今回は高山植物群落の調査仕事です。


文章うんぬんを書くよりも、写真で大量にどうぞ。


登山道脇から。
ミヤマチドリ
2017-07-29%2007.37.21_027.jpg


ミソガワソウ
2017-07-29%2016.05.50_275.jpg


ハクセンナズナがたくさん
2017-07-29%2008.06.55_045.jpg


水辺にはフキユキノシタ
2017-07-29%2008.44.32_073.jpg


葉っぱがあったので探してみたら、数輪だけ花が残ってました。
キバナノコマノツメ。これも湿った環境に生えます。
2017-07-29%2015.43.24_271.jpg


蕾もまたいい。コバノイチヤクソウ
2017-07-29%2007.45.02_031.jpg


モミジカラマツ
2017-07-29%2010.53.47_143.jpg


蕾でも良く目立ちます。チシマヒョウタンボク
2017-07-29%2009.26.27_096.jpg


エゾウサギギク
2017-07-29%2015.22.05_260.jpg


標高を上げれば、まだ雪が残っている所もあります。そんな雪田環境を、キチンと見たかったのです。
エゾノリュウキンカ。里では四月の花ですね。
2017-07-29%2009.25.09_094.jpg


見たかったひとつ。オクヤマワラビ。
高山の雪田環境に生えるシダ。
2017-07-29%2009.44.26_108.jpg


レースのような美しいシダでした。
2017-07-29%2014.05.50_241.jpg


こんな花も……リシリスゲ。
2017-07-29%2010.16.08_123.jpg


雪田付近は美しく……エゾコザクラとミヤマキンバイ
2017-07-29%2010.15.46_122.jpg


凸地形には、アオノツガザクラ
2017-07-29%2010.10.09_119.jpg


雪田脇の草原には、チシマノキンバイソウとミヤマキンポウゲの競演
2017-07-29%2010.55.54_145.jpg


雪田付近は季節の進みが遅く、チングルマがまだ元気な場所もあります。
2017-07-29%2015.25.51_267.jpg


大雪山らしく、ウズラバハクサンチドリ
2017-07-29%2015.17.26_257.jpg


稜線に近づいてくると、ハイマツ林下にはリンネソウが。
2017-07-29%2011.25.08_158.jpg


ミヤマリンドウもたくさん。ボケてるのがイマイチです(笑)
2017-07-29%2011.22.43_155.jpg


イワブクロ
2017-07-29%2011.23.49_157.jpg


稜線
2017-07-29%2012.29.42_200.jpg


チシマツガザクラ
2017-07-29%2011.34.42_165.jpg


タカネシオガマとウスユキトウヒレンの競演
2017-07-29%2011.30.46_163.jpg


タカネシオガマは上からのアングルがいい
2017-07-29%2013.17.55_213.jpg


稜線のチングルマは綿毛
2017-07-29%2012.09.27_175.jpg


気づかれにくい、ムカゴトラノオ
2017-07-29%2013.25.32_223.jpg


現地では何だか分からず、バシャバシャと写真を撮っていたら、ハナバチが偶然写り込みました。
カラフトゲンゲ
2017-07-29%2013.22.19_220.jpg


いい山旅でした。仕事ですけど(笑)
2017-07-29%2013.56.59_237.jpg

最近の投稿
静かな湿原
進出?
北東北へ
台風にも負けず?
「オカダモ」
?!
紅葉の大雪山
素晴らしい森
のんびり山歩き
夕方の湿原
ロマン
道端ツアー
バカ
日高のカエデ
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
ロマン
 ┗ mero  9.07 2017:09:07:21:35:50
 ┗ Ftre-zen  9.07 2017:09:07:21:59:19
ニセコの山へ
 ┗ タクミ  8.15 2017:08:15:19:32:12
 ┗ Ftre-zen  8.15 2017:08:15:19:42:13
「比べるシリーズ」
 ┗ タクミ  6.12 2017:06:12:20:56:45
 ┗ Ftre-zen  6.13 2017:06:13:08:30:46
「嬉しい出来事」
 ┗ タクミ  5.29 2017:05:29:20:25:41
 ┗ Ftre-zen  5.29 2017:05:29:21:25:33
「フクジュソウとシャク」
 ┗ ゆたか  3.28 2017:03:28:19:21:11
 ┗ Ftre-zen  3.28 2017:03:28:22:17:03
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年