2018.5. 6 16:17

「散策バッグ」

私はフィールドワークの際、カメラやGPSの他に財布や携帯電話・ペットボトル(飲み物)・上着(雨具)・8インチタブレットなんかを持ち歩いています。
これがツアーとなると、たとえ遊歩道でも救急用品セットを持ち歩く必要があり、そうなるとザックを背負うしかありませんでした。でも遊歩道程度の散策に、いちいちザックというのも仰々しい。


そんな時は今まで、調査仕事用の現場バッグ(ショルダーバッグ)にこれら全て入れて歩いていたのですが、お客様の前だというのに現場バッグは小汚いし大きいし、ツアーでは使わない余計な調査道具もたくさん入れっぱなしだし、これもなんかイマイチ。


そこで先日、日頃お世話になっているパタゴニアさんからコレを入手してみました。
パタゴニア アトム・スリング8L
48261_SPTG.jpg


これがド・ハマり。


飲み物や雨具、財布・小物程度は充分入るコンパクトなワンショルダーバッグです。
モノが取り出しやすく、少し歩く程度のモノは充分入ります。
ただ、8Lという小容量の割にモノが入る、というだけで、着替えやらお土産やらが入るような容量ではないので大きさに期待し過ぎてははイケません。あくまで『コンパクトなバッグ』です。


旧モデルにあったズレ防止用のサイドベルトはニューモデルでは廃止されています。それに伴い、肩ベルトを左右に付け替えることが出来なくなり、右肩にかける専用です。
その分スッキリしましたが、自転車で使おうとする方は好みが分かれるでしょう。
普通に歩いている分にはズレてくるということはありません。
48261_SMDB_BACK.jpg


ワンショルダーの利点は、立ったままスッと前に回して中身を取り出すことが出来ること。
ザックの場合は、いちいち立ち止まって、いちいちザックを下ろして…となるので、荷物が少ない場合はこれが大きなアドバンテージとなります。
替えレンズなどを入れておくにもいいかもしれませんね。


コンパクトなバッグの割に、肩ベルトは太めでクッションもしっかりしています。フィット感もいい。さすがパタゴニアさん、いい作りです。


メインとは別にサブポケットがあり、ここには財布やスマホ、鍵などに良さそうです。
2018-04-23%2017.16.22_006.jpg


メイン内部には大きめの小物仕切りがあり、内側に薄いパッドがあって傷防止になっています。ここにはタブレットやスマホなどが良い感じ。
メインには図鑑2冊程度は余裕で入ります。
2018-04-23%2016.48.48_002.jpg


ただ、メーカーページに、「ショルダーストラップ部分の小物入れには携帯電話を収納可能」とありますが、日本でよく使われているスマホサイズは(多分)入りません。私はいまだにガラケーなので余裕で入りますが (^_^;)
ゴツいTG-5で “入れようと思えば入る” というギリギリなサイズ感なので、普通のコンパクトデジカメなら入るかもしれません。
ただし、ポケット内部にはパッド材などはありませんので、サングラスなどは傷がついてしまうかもしれません(オークリーのサングラスなどはそもそも入らないですが)。
※ちなみに、TG-5のサイズは “113mm× 66mm× 32mm” です。
2018-04-23%2016.49.39_003.jpg


さてワタシ的には、ちょっとした湿原散策程度のツアーでどこまで使えるか、というトコロなのですが、ツアー時の救急セット最低レベルがこのサイズ。
(約24cm×17cm×11cm程度)
2018-04-23%2016.49.58_004.jpg


さすがにこれを入れるとペットボトルが入らなくなるので、ペットボトルホルダーを外付けしてみました。
ペットボトルホルダーinダイソー。パタゴニアのバッグにダイソー、っちゅうのも何ですが (^_^;)
これで、このバッグを使いながら救急セットを持って歩くことも可能になりました。
2018-04-23%2016.51.01_005.jpg


これ以上の荷物の時は諦めてザックを背負えばいいワケだし、ツアーで長い時間歩く時はそもそも救急セットも変わってくるのでザック決定です。
『そこまでではない』という時の使い分けにバッチリなんです。


ちなみに当然、町歩きでのちょっとした小物入れとして気軽に使えるし、冬のすすきの飲み会などにも良さそう。
満足です。

2018.5. 4 17:38

フラフラと…

前日まで雨の一日で、この日も時折雨予報の上、強風。うすら寒い朝です。
雨雲の流れを検討し、どう動けば雨に当たらず・風に当たらずツアーが出来るか頭をフル回転し、結果、フラフラと動き回りながらツアーの一日。
いつもと一緒じゃん(笑)


結果的に超心配していた雨にも風にも当たらず、青空も見えて、春の暖かな花見ツアーでした。
2018-05-04%2009.50.51_015.jpg


2018-05-04%2012.07.24_026.jpg


2018-05-04%2015.26.21_036.jpg


ニセコに帰ってきたらやっぱり小雨に強風。寒い……。
だけど今朝、ニセコ町内でエゾヤマザクラがぽつらぽつらと咲き出していました。
G.W.が終わる頃にはニセコ全域でもサクラが咲く季節となるでしょう。
やっとですね。

2018.5. 2 16:52

いっぱい

ここ数日はツアーが続いていました。
花が咲いて緑がキレイになる季節なので、ここ数日の写真だけでも数百枚。
場所は様々ですが、ごく一部を。


マイヅルソウいっぱい。
2018-04-29%2013.09.50_023.jpg


キタコブシいっぱい。
2018-05-01%2010.32.49_028.jpg


ニリンソウいっぱい。
2018-04-29%2014.04.07_047.jpg


雪いっぱい。
2018-04-30%2009.31.49_028.jpg


エンレイソウいっぱい。
2018-05-01%2011.39.41_057.jpg


ミズバショウ&エゾノリュウキンカいっぱい。
2018-04-30%2015.14.04_156.jpg


カタクリ&エゾエンゴサクいっぱい。
2018-04-30%2012.14.09_079.jpg


・・・
・・・
・・・


ウサギのう○こいっぱい。
2018-04-30%2010.18.01_059.jpg


色々、満腹です。

2018.4.30 18:15

感謝!

実は……


今年の4月にフォレストレックとして独立後、満10年を迎えました。


独立当初は、
「日本人の個人のお客様だけを相手に、一年通して自然ツアーだけで独立」
なんてガイドスタイルではやれっこない、というウワサもあったのですが、何だかんだともう10年経ちました。
これもひとえに、ひとりひとりのお客様のお陰です。


ありがとうございます。


実は昨年から、感謝と節目ということで何かを?とずっと考えていて、『やっぱりお客様が使えるものを作ろう』ということで、野外で使いやすい手ぬぐいを作ってみました。
コレが、この冬の一大作業だったんです。


工房選びから製法選び・デザインや色など、私なりに考えてこだわったものが、つい先日仕上がって届きました。


とてもいい仕上がり。イメージ通りとなりました。
2018-04-28%2022.09.10_002.jpg


本来は『 “感謝の気持ち” なんだから無料配布で…』なのかもしれませんが、「そのためにコストを下げて、デザインも作りもちゃちゃっと」というのは何だか性に合わず、一枚500円で販売という形でお許し下さい。
ツアーに参加の際には、いつでも購入出来ます。

2018.4.29 18:00

こんなの見た

風穴に広がる針葉樹林。美しい針葉樹林が好き。
(7月11日北見地方)
2017-07-11%2013.53.19_021.jpg


昨日は朝から晩まで講習会や会合のため動き回り、今日・明日はツアーのため動き回ってます。
我ながら、行動範囲が広すぎます(笑)

最近の投稿
いつもどおり
もうすぐ
本州っぽさ
似たもの
回復
かっくいい
さて
隙間で
いろいろ
カメラ効果
コフタバラン
こんなのも
たんぽぽ
パトロール
アイヌワサビ
カテゴリ
イベント
野外道具
自然のおはなし
最近のコメント
かっくいい
 ┗ ゆたか  6.13 2018:06:13:11:13:00
 ┗ Ftre-zen  6.13 2018:06:13:16:38:54
隙間で
 ┗ 本村  6.09 2018:06:09:16:39:57
 ┗ Ftre-zen  6.09 2018:06:09:18:13:47
カメラ効果
 ┗ mizu  6.05 2018:06:05:20:44:52
 ┗ Ftre-zen  6.05 2018:06:05:21:06:13
パトロール
 ┗ HARUMITSU 高木  5.28 2018:05:28:07:24:51
 ┗ Ftre-zen  5.28 2018:05:28:18:29:47
アイヌワサビ
 ┗ タクミ  5.25 2018:05:25:20:12:36
 ┗ Ftre-zen  5.25 2018:05:25:20:29:06
 ┗ タクミ  5.26 2018:05:26:07:11:29
バックナンバー
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年